イーグル工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イーグル工業株式会社
Eagle Industry Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6486
1991年9月上場
略称 EKK
本社所在地 日本の旗 日本
105-8587
東京都港区芝大門1丁目12番15号
設立 1964年10月1日
業種 機械
事業内容 メカニカルシール、特殊バルブの製造販売
代表者 鶴鉄二(代表取締役社長)
資本金 連結:104億9,000万円
売上高 連結:919億2,000万円
単体:581億円
総資産 連結:1,034億3,900万円
単体:855億円
従業員数 連結:4,454名
単体:716名
決算期 3月31日
主要株主 NOK (28.59%)
フロイデンベルグ・ベタイリグングス・AG(7.63%)
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) (5.61%)
第一生命保険株式会社(5.54%)
主要子会社 KEMEL (100%)
イーグルブルグマンジャパン (75%)
バルコム (100%)
リグナムバイター (100%)
外部リンク http://www.ekk.co.jp/
特記事項:各種経営指標は2011年3月期のもの
テンプレートを表示

イーグル工業株式会社(イーグルこうぎょう)は東京都港区に本社を置く自動車・建設機械、船舶、航空機や石油精製・石油化学プラント、原子力発電所向けのメカニカルシール、特殊バルブ等を製造・販売する部品メーカー。

概要[編集]

回転機器内部の液体の漏れを防ぐメカニカルシールで大手。自動車向けの同製品では首位。他にコントロールバルブなど特殊バルブの製造・販売においても強い。

1964年シール製品大手であるNOKのメカニカルシール部門から分離、独立した。発足当初は、自動車用、家庭電気製品用の汎用メカニカルシールが主製品であった。設立を契機として、溶接ベローズ技術の開発に着手。その後は各種プロセス用メカニカルシール、舶用製品、ベローズ応用製品、 特殊バルブ製品、ダイアフラムカップリングの開発・製造に手を広げていく。

2003年、メカニカルシールの製造販売において世界的大手のブルグマン社(ドイツ)と、一般産業用シールについてアライアンスを締結。イーグル工業はこれまでも海外の優れた技術を導入することに熱心であり、EG&G社(米国)、アトウッド・アンド・モリル社(米国)、ルーカスウェスタン社(米国)、 ジムラックス社(ドイツ)、アスムス社(ニュージーランド)、CPI社(英国)らと事業合弁を行ったり、資本参加したりしている。

2004年に、イーグル工業の社内ヴァーチャルカンパニーであったイーグルマリンカンパニーとコベルコマリンエンジニアリング(株)を事業統合し、コベルコイーグル・マリンエンジニアリング株式会社を発足(現・KEMEL株式会社)。2005年には、航空宇宙事業部を設立。スペースシャトルロケット宇宙ステーションの部品製造に本格的に参入した。このように最近は、船舶部品や宇宙航空機部品など、重厚長大なものづくりに関わる事業に積極的に参加している。

所在地[編集]

関連会社[編集]

  • NOK
  • KEMEL
  • イーグルブルグマンジャパン
  • バルコム
  • リグナムバイター
  • 北海道イーグル
  • 島根イーグル
  • 岡山イーグル
  • イーグル・エンジニアリング・エアロスペース
  • イーグルサービス
  • イーグルハイキャスト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]