イ・スビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
李洙彬
各種表記
ハングル 이수빈
漢字 李洙彬
発音: イ・スビン
ローマ字 I Su-bin(2000年式
I Su-pin(MR式
英語表記: Lee Soo-bin
テンプレートを表示

李洙彬(イ・スビン、1938年 - )は、大韓民国実業家サムスングループの3代目会長。大韓民国慶尚北道星州出身。

概要[編集]

1938年に慶尚北道星州で生まれた。韓国のソウル大学校商業学部を卒業し1965年にサムスンに入社した。39歳で第一毛織の代表理事になった後、第一合繊・第一製糖、サムスン航空、サムスン生命、サムスン証券などの代表を務めてきた。

2008年サムスン不正資金提供疑惑や脱税疑惑で李健熙前会長が責任をとって辞任すると、第3代会長に就任し対外的に代表を務めた。しかし健熙が2009年李明博大統領により特別恩赦されると、2010年に会長職を健熙に返上した。