イヴァン・ヴァシリコヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イヴァン・ヴァシリコヴィチロシア語: Иван Василькович、? - 1141年)はテレボヴリ公ヴァシリコの子である。L.ヴォイトヴィチの説では、イーゴリという別名の存在が提起されている。テレボヴリ公ガーリチ公:1124年 - 1141年

1124年に父が死んだ後、兄弟のロスチスラフテレボヴリを継ぎ、イヴァンはガーリチを継いだ。その翌年、兄弟のロスチスラフ、キエフ大公ムスチスラフと共に、いとこのロスチスラフウラジーミル兄弟の紛争に介入した。また1140年には、ウラジーミルと共に、キエフ大公フセヴォロド(イヴァンの義父)と、その大公位を狙うイジャスラフとの争いに参加した。

兄弟のロスチスラフはイヴァンより先に死亡しており、ロスチスラフの死後、イヴァンはガーリチ公位を保持すると共に、テレボヴリ公位を併せ持った。しかし1141年にイヴァンは子のないまま死んだため、ウラジーミルがガーリチを領有した。最終的にはウラジーミルによって、南西ルーシの諸公国(ペレムィシュリ公国ズヴェニゴロド公国テレボヴリ公国、ガーリチ公国)を統合した、新たな体制としてのガーリチ公国が創設されることになる。

参考文献[編集]