イヴァン・フィオレトフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イヴァン・チモフェーヴィチ・フィオレトフ
Иван Тимофеевич Фиолетов
Fioletov IT.jpg
生年: 1884年
生地: ロシア帝国の旗 ロシア帝国タンボフ県ロシア語版ボリソグレプスク郡トゥゴルコヴォ
没年: 1918年9月20日
没地: ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国ザカスピ州クラスノヴォツク郡、カスピ海横断鉄道ペレヴァル駅=アフチャ・クイマ駅間[1]
思想: マルクス・レーニン主義
活動: バクー・コミューンの指導
所属: ロシア社会民主労働党→)
ボリシェヴィキ

イヴァン・チモフェーヴィチ・フィオレトフロシア語: Иван Тимофеевич Фиолетов1884年 - 1918年9月20日)は、ロシア革命家であり、26人のバクー・コミッサールの一員である。

生涯[編集]

1884年ロシア帝国タンボフ県ロシア語版トゥゴルコヴォの農家に生まれ、初等教育のみ受けて12年間家族を支え働いた[2]1890年代に一家でバクーへ移住し[3]、フィオレトフはノーベル兄弟社ロシア語版系列の機械工場で働いた[2]1900年からロシア社会民主労働党の党員となり、党の分裂後はボリシェヴィキに属した[2]

1903年7月はバラハヌィで石油労働者のストに参加して逮捕された[2]。翌1904年にはボリシェヴィキのバクー委員会メンバーとなった[4]。同年にはグロズヌイで再び逮捕されるも、ハンガーストライキで当局に対抗した[2]。翌1905年に釈放されると[2]ロシア第一革命の間グロズヌイとバクーで石油労働者の労働運動を組織した[4]。しかし1908年に三度逮捕され、ヤレンスクロシア語版[2]ソリヴィチェゴドスクへ追放された[4]。流刑地の指導者を務めた後1911年に釈放されると[2]、バクー、タシュケントチェレケン半島英語版で革命運動に関わった[4]1914年人民の家英語版で働くためにバクーへ戻り、アリョーシャ・ジャパリゼとともに石油労働者の地下組織でも活動した[2]

ニ月革命後はバクー・ソビエト執行委員会のメンバーとなり、同年5月からは石油労働者連合の委員長を務め、10月からはボリシェヴィキのカフカース地区委員会メンバーとなった[4]。翌1918年4月にバクー・コミューンが発足すると、その人民経済委員としてバクー油田の国有化を行った[4]。同時期にはバクー県人民経済会議ロシア語版議長も務めたが[5]、コミューンが崩壊すると逮捕され、9月20日に他のコミューン成員らとともに銃殺された[4]

フィオレトフに因んで名付けられたフィオレトヴォロシア語版という村がアルメニアロリ地方に存在する[6]

脚注[編集]

  1. ^ Бакинские комиссары / Л. С. Шаумян // Ангола — Барзас. — М. : Советская энциклопедия, 1970. — (Большая советская энциклопедия : [в 30 т.] / гл. ред. А. М. Прохоров ; 1969—1978, т. 2).+cat
  2. ^ a b c d e f g h i Фиолетов, Иван Тимофеевич”. Большая биографическая энциклопедия. 2009. 2016年4月5日閲覧。
  3. ^ Фиолетов Иван Тимофеевич - революционер, комиссар”. Наш Баку. 2016年4月5日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g Фиолетов // Ульяновск — Франкфорт. — М. : Советская энциклопедия, 1977. — (Большая советская энциклопедия : [в 30 т.] / гл. ред. А. М. Прохоров ; 1969—1978, т. 27).+cat
  5. ^ Фиолетов Иван Тимофеевич”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. 2016年4月5日閲覧。
  6. ^ Березовская А (2011年9月). “Лето в Фиолетово”. Фонд "Русский мир"ロシア語版. http://www.russkiymir.ru/media/magazines/article/100219/ 2016年4月5日閲覧。 
公職
先代:
ジノヴィー・ドッセル
バクー県人民経済会議議長
1918年4月25日 - 7月31日
次代:
なし