イン・ア・センチメンタル・ムード (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イン・ア・センチメンタル・ムード
ドクター・ジョンスタジオ・アルバム
リリース
録音 ロサンゼルス オーシャン・ウェイ・スタジオ
ニューヨーク パワー・ステーション
ジャンル R&Bジャズ
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
プロデュース トミー・リピューマ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 142位(アメリカ[1]
  • ドクター・ジョン アルバム 年表
    The Brightest Smile in Town
    (1983年)
    イン・ア・センチメンタル・ムード
    (1989年)
    ゴーイン・バック・トゥ・ニューオーリンズ
    (1992年)
    テンプレートを表示

    イン・ア・センチメンタル・ムード』(In a Sentimental Mood)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、ドクター・ジョン1989年に発表したスタジオ・アルバム。新たに契約を得たワーナー・ブラザース・レコードから発売された。

    背景[編集]

    メジャー・レーベルとの契約を失っていたドクター・ジョンは、以前所属していたアトランティック・レコードの社長アーメット・アーティガンに再契約を打診するが、アーティガンはドクター・ジョンから送られてきた曲を他のバンドに提供しようとしたため、交渉は決裂した[2]。そして、ドクター・ジョンは旧知のトミー・リピューマを介してワーナーと契約し[2]、リピューマは本作のプロデュースも担当した[3]

    全曲ともスタンダード・ナンバーのカヴァーで、「メイキン・フーピー!」にはリッキー・リー・ジョーンズがゲスト参加した。大部分の曲はロサンゼルス録音だが、「キャンディ」と「ラヴ・フォー・セール」の2曲のみニューヨークで録音され、このセッションではデヴィッド・バラードとハーリン・ライリーがリズム隊を務めた[3]

    反響・評価[編集]

    アメリカでは『デスティヴリー・ボナルー』(1974年)以来15年ぶりのBillboard 200入りを果たし、142位を記録[1]。また、『ビルボード』のジャズ・アルバム・チャートでは自身初の1位を獲得した[1]。収録曲「メイキン・フーピー!」は、グラミー賞最優秀ジャズ・ボーカル・パフォーマンス賞を受賞した[1]

    William Ruhlmannはオールミュージックにおいて5点満点中3点を付け「彼は『グリ・グリ』の頃から変わってしまったかもしれないが、ドクター・ジョンはメロウになっても味わいがある」と評している[4]

    収録曲[編集]

    5.のみインストゥルメンタルとして収録された[5]

    1. メイキン・フーピー! - "Makin' Whoopee!" (Gus Kahn, Walter Donaldson) - 4:07
    2. キャンディ - "Candy" (Alex Kramer, Joan Whitney, Mack David) - 5:31
    3. アクセンチュエイト・ザ・ポジティヴ - "Accentuate the Positive" (Johnny Mercer) - 3:53
    4. マイ・バディ - "My Buddy" (G. Kahn, W. Donaldson) - 3:48
    5. イン・ア・センチメンタル・ムード - "In a Sentimental Mood" (Duke Ellington, Irving Mills, Manny Kurtz) - 4:04
    6. ブラック・ナイト - "Black Night" (Jessie Mae Robinson) - 4:10
    7. ドント・レット・ザ・サン・キャッチ・ユー・クライン - "Don't Let the Sun Catch You Cryin'" (Joe Greene) - 4:52
    8. ラヴ・フォー・セール - "Love for Sale" (Cole Porter) - 5:16
    9. モア・ザン・ユー・ノウ - "More Than You Know" (William Rose, Edward Eliscu, Vincent Youmans) - 4:36

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注・出典[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ a b c d Dr. John | Awards | AllMusic
    2. ^ a b Spera, Keith (1992年8月1日). “An Offbeat Interview With Dr. John”. Offbeat Magazine. 2015年12月12日閲覧。
    3. ^ a b Dr. John - In A Sentimental Mood (Vinyl, LP, Album) at Discogs
    4. ^ Ruhlmann, William. “In a Sentimental Mood - Dr. John”. AllMusic. 2015年12月12日閲覧。
    5. ^ 日本盤CD (WPCR-2600)歌詞カードに準拠