インベカヲリ★

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

インベカヲリ★(いんべ かをり、1980年 - )は、日本の写真家文筆家東京都出身。別名義忌部カヲリ

短大卒業後、編集プロダクションに勤務するも8ヶ月ほどで退職し、独学で写真を始める[1]2000年頃から市井に生きる女性の人生を聞き取りしながらのポートレイトを撮り続けている。アルバイト、映像制作会社勤務を経て2006年よりフリーとして活動。ライターとしては「新潮45」などに執筆をしており、2018年東海道新幹線車内殺傷事件のルポ『家族不適応殺』で大宅壮一ノンフィクション賞候補にあがった[2]

受賞・候補歴[編集]

展示歴[編集]

  • 2007年 「倫理社会」個展(新宿ニコンサロン)
  • 2008年 「倫理社会」グループ展(大阪ニコンサロン)
  • 2008年 「Vice photo show」グループ展(ロサンゼルス)
  • 2008年 「ARTZ 21 ~FANTASIA EROTICA JAPONESA~」出展
  • 2009年 「三木淳賞受賞作品展」グループ展(新宿・大阪ニコンサロンbis)
  • 2009年 「Beau・ti・fied Ta・boo 2」出展(六本木スーパーデラックス)
  • 2010年 「クロッシング・カオス1999-2009」グループ展(銀座・大阪ニコンサロン)
  • 2010年 「Seoul Photo 2010」出展(韓国ソウル)
  • 2010年 「東川町国際写真フェスティバル」出展(北海道)
  • 2011年 「Mauvais Genre」グループ展(香港)
  • 2011年 香港のアートフェアに出展
  • 2011年 「狼狽 from EAST」山田はるか企画グループ展(大阪・浜崎健立現代美術館)
  • 2012~2013年 「Suburbia,Kigurumi,Hikikomori」個展(イタリア・ミラノ)
  • 2013年 「シブカル祭」出展(渋谷PARCO)
  • 2013年 「やっぱ月帰るわ、私。」個展(新宿ニコンサロン、テルメギャラリー、M2 gallery

写真集[編集]

  • 『やっぱ月帰るわ、私。』 赤々舎、2013年
  • 『理想の猫じゃない』 赤々舎、2018年

単行本[編集]

  • 「ノーモア立川明日香」 (三空出版 2013年10月発行) 共著/小川善照 インベカヲリ★
  • 「取り扱い注意な女たち」 (あおば出版 2006年8月発行) 共著/インベカヲリ★ 出町つかさ
  • 「溜息に似た言葉」岩松了 (ポット出版 2009年9月発行) 写真/インベカヲリ★ 中村紋子 高橋宗正 土屋文護
  • 『家族不適応殺 新幹線無差別殺傷犯、小島一朗の実像』(KADOKAWA 2021年9月発行)
  • 「『死刑になりたくて、他人を殺しました』 無差別殺傷犯の論理」(イースト・プレス 2022年5月発行)
  • 「私の顔は誰も知らない」(人々舎 2022年5月発行) 写真/インベカヲリ★

テレビ出演[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 写真家・インベカヲリ★さんインタビュー(前編)
  2. ^ a b 公益財団法人日本文学振興会” (日本語). 日本文学振興会. 2022年7月24日閲覧。
  3. ^ a b c インベカヲリ★ 『理想の猫じゃない』 2018年、赤々舎、巻末著者略歴。
  4. ^ 第39回木村伊兵衛写真賞の候補者決定 〈アサヒカメラ〉|AERA dot. (アエラドット) AERA dot. (アエラドット) 2014年1月18日
  5. ^ NONFIX:私を見て かぐや姫の帰る場所”. フジテレビ (2014年11月20日). 2015年1月13日閲覧。
  6. ^ NONFIX:私を見て かぐや姫の帰る場所”. TVでた蔵 (2014年11月20日). 2022年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]