インフィニティ・QX30

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

QX30は、日産が製造、インフィニティブランドで販売されている自動車である。

QX30コンセプト(2015)[編集]

21インチのホイール、大きなタイヤ、ホイールの開口部周辺のブラックアウトの増加、サテンクロームのフロントバンパーが含まれる。 [1]

車両はジュネーブ国際モーターショーで発表され[2] 、2015年のニューヨーク国際オートショーに続いて展示。 [3] [4] [5]

それぞれ専用ボディを持つAクラス-GLAクラスとは異なり、Q30-QX30は同じボディである。QX30はQ30をベースに車高を少し上げ、エクステリアにはSUV的な要素を盛り込んでいる。(スバル・インプレッサ-XVと同じ関係性)尚、北米市場においてQ30を名乗るモデルはないが、QX30のグレードの一部として統合された形で販売されている。(ノーマルモデル:Q30→QX30、スポーツモデル:Q30S→QX30S、クロスオーバーモデル:QX30→QX30 AWD)。

初代 (2016–2019年)[編集]

インフィニティ・QX30
フロント
Infiniti QX30 2.2d AWD Premium Tech – Frontansicht, 4. Juni 2017, Düsseldorf.jpg
リア
Infiniti QX30 2.2d AWD Premium Tech – Heckansicht, 4. Juni 2017, Düsseldorf.jpg
製造国 イギリスの旗 イギリス
販売期間 2016–2019年
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン ガソリン:2.0L I4
ディーゼル:2.2L I4
全長 4,425mm
全幅 1,815mm
全高 1,510mm
ホイールベース 2,700mm
車両重量 1,634kg
姉妹車 インフィニティ・Q30
メルセデス・ベンツ・Aクラス
メルセデス・ベンツ・GLAクラス
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

メルセデス・ベンツ・GLAクラスをベースとし、デザインを変更したフロントバンパーとリアバンパー、グレインサイドシル、サテンクロームメッキのインサートとメタリック仕上げのボディワーク、そしてライドの高さを高めている。 この車両の披露は、2015年のロサンゼルスモーターショー、2015年の広州自動車 [6] [7] [8]で実現され、2016年のジュネーブモーターショーと続いた。 [9]

2.0リットルは7速デュアルクラッチオートマチックトランスミッションと4つの気筒エンジンをターボチャージャー装備で、米国とカナダのモデルは2016年の後半にメキシコやラテンアメリカに続いて、2017年の車のモデルの年として2016年半ばに発売された[10] [11]

欧州モデルは2016年夏に発売され、初期のモデルには7速デュアルクラッチトランスミッションを備えた2.2d AWDが含まれていた [12]

エンジン[編集]

ガソリンエンジン
年数 タイプ/コード パワー、トルク@rpm
2.0t 2016– 1,991立方センチメートル (121 cu in) I4ターボ( Mercedes-Benz M 270 DE 20 AL 211馬力 (155 kW; 208 hp) 5500 @ @ 1200–4000
2.0t AWD 2016– 1,991立方センチメートル (121 cu in) I4ターボ( Mercedes-Benz M 270 DE 20 AL 211馬力 (155 kW; 208 hp) 5500 @ @ 1200–4000
ディーゼルエンジン
年数 タイプ/コード パワー、トルク@rpm
2.2d AWD 2016– 2,143立方センチメートル (131 cu in) I4ターボ( Mercedes-Benz OM 651 DE 22 LA 170馬力 (130 kW; 170 hp) 3400-4000 @ @ 1400–3400

トランスミッション[編集]

ガソリンエンジン
年数 タイプ
2.0t 2016– 7速オートマチックdct
2.0t AWD 2016– 7速オートマチックdct
ディーゼルエンジン
年数 タイプ
2.2d AWD 2016– 7速オートマチックdct

製造[編集]

2017年製QX30はイギリスにある日産のサンダーランド工場にて生産されている[13]。エンジンはドイツで組み立てられた。

マーケティング[編集]

英国でのQX30の発売の一環として、QX30の車体の半分に48,000の銅製タックが付いたQX30が、イズリントンビジネスセンターでの2016年ロンドンアートフェアで発表された [14]

2019年10月、日本国内でもインパルを通して販売を開始。ベースは北米仕様車で灯火類などを国内の法規に合わせての販売となる。

参照資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]