インド映画テレビ学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インド映画テレビ学院
Film and Television Institute of India
The President, FTII Society, Shri Gajendra Chauhan chairing the governing council's meeting of FTII society, in Pune on January 07, 2016. The Director, FTII, Shri Prashant Pathrabe is also seen.jpg
FTII理事会に出席する学院長ガジェンドラ・チャウハン(中央の人物)
種別 映画学校
設立年 1960年(59年前) (1960
提携関係 国際映画テレビ教育連盟英語版
所在地 インドの旗 インド
マハーラーシュトラ州プネー
公式サイト http://www.ftiindia.com
テンプレートを表示

インド映画テレビ学院(インドえいがテレビがくいん、Film and Television Institute of India、略称:FTII)は、インドの映画製作者養成機関。インド情報放送省英語版の下部組織として設立されたが、1974年に独立機関に改組された。改組後もインド共和国政府英語版から資金援助を受けている[1]。閉鎖されたプネープラバート映画会社英語版の敷地内に存在している。国際映画テレビ教育連盟英語版加盟校[2]

歴史[編集]

1958年にインド情報放送省英語版は映画学校設立のため、プネープラバート映画会社英語版跡地を購入した[3]。1960年にFTIIを設立し、1961年から教科をスタートさせた。これ以前にニューデリーに存在したテレビ・トレーニング部門も1974年にインド映画テレビ学院に統合され、同年に情報放送省から独立した。しかし、独立後も情報放送省とインド共和国政府英語版からの全面的な支援を受けている。2011年7月には情報放送大臣アンビカ・ソニ英語版はFTIIの組織改編が議会で可決されたことを発表し、これによりFTIIは大学と同等の権利を有することになった。

学科[編集]

FTIIはフランス高等映画学院ソビエト連邦全ロシア映画大学をモデルにカリキュラムを作成しており、3年コースの監督・撮影・編集・録音の4学科(各コースの1学年の定員12名)、2年コースの俳優・美術の2学科、1年半コースのCG・アニメーション学科、1年コースの長編脚本学科、1年コースのテレビ養成学科の他に国営放送ドゥールダルシャン職員向けの短期講座、一般人向けの映画鑑賞講座がある[3]

3年コースでは各学科1名ずつで製作チームを組んで卒業作品を製作するが、この中には州政府や民間団体の財政支援を受ける作品、ナショナル・フィルム・アワードを受賞する作品、国際映画祭に出品される作品もある[3]。1960年代からは芸術映画英語版に重点を置いた教育が実施されるようになり、学生の間では商業映画を忌避して政府機関の映画製作部門に就職する流れが生まれた[3]

組織[編集]

FTIIの責任者である学院長は理事長、学術評議会議長、常設財務委員長を兼務している。理事会はFTIIの運営方針を決定する最高組織であり、理事はFTII職員の中から選出される。学術評議会と常設財務委員会は理事会によって任命され、両組織はそれぞれFTIIの学術方針、財務状況に関して理事会に助言する役目を果たしている[4][5]

歴代学院長[編集]

主な教員[編集]

出典[編集]

  1. ^ FTII Ministry of Information and Broadcasting, Govt. of India Official website.
  2. ^ “About Us”. Film and Television Institute of India. (2008年11月14日). オリジナルの2008年6月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080615145952/http://www.ftiindia.com/newftii/index.html 2008年11月14日閲覧。 
  3. ^ a b c d 国家と/の芸術 : インド政府の映画政策をめぐって (PDF)”. 九州大学大学院人間環境学研究院. 2019年9月25日閲覧。
  4. ^ On Gajendra Chauhan's plate, admin and academics”. The Indian Express (2015年7月13日). 2015年7月13日閲覧。
  5. ^ FTII Administrative Structure”. FTII (2015年7月13日). 2015年7月13日閲覧。
  6. ^ a b c d e f Chandra, Anupama (15 March 1996). “Searching for direction”. India Today. http://indiatoday.intoday.in/story/not-just-market-pressures-and-structural-changes-ftii-beset-with-whole-lot-of-problems/1/283822.html 2015年7月14日閲覧。. 

外部リンク[編集]