インド大臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
インド・ビルマ大臣から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
イギリスの旗 イギリス
インド大臣
Secretary of State for India
Royal Coat of Arms of the United Kingdom (HM Government).svg
担当官庁 インド省
初代 スタンリー卿エドワード・スタンリー
創設 1858年8月2日
廃止 1947年8月14日
テンプレートを表示

インド大臣(インドだいじん、: Secretary of State for India)は、イギリス内閣にかつて存在した閣僚職である。インド植民地支配に関する事務を取り扱うインド省を統括した。1858年にインド統治が東インド会社による統治からヴィクトリア女王の直接統治に切り替えられた際にそれ以前のインド庁長官英語版が改組されて成立した閣僚職であり、1937年にはインド=ビルマ大臣に改名されたが、1947年インド・パキスタン独立1948年のビルマ独立により廃止された。インド大臣[1]の他、インド担当大臣[2]とも表記される。

歴史[編集]

エリザベス朝の1600年に勅許状によって成立した勅許会社イギリス東インド会社は東洋貿易を独占する権利、現地で政府を組織する権限、通貨発行権、軍隊組織権、特定の国への宣戦布告権などを認められており、徐々にインドへ浸透した。特に1757年にベンガル太守にプラッシーの戦いで勝利し、ムガル帝国皇帝よりベンガル州の徴税権を獲得するとイギリス東インド会社によるインド植民地支配が加速した[3]

1784年にイギリス首相ウィリアム・ピット(小ピット)はインド法を制定し、イギリス政府内に東インド会社の監督を行うインド庁Board of Control)を設置した。これによりインドは、東インド会社とイギリス政府の二重支配下におかれることになった[4]

はじめインド庁は財務大臣、国務大臣、枢密顧問官4人の合計6人で運営されたが、1793年からインド庁長官President of the Board of Control)のポストが設置されることになった[4]

インド庁は法律上東インド会社の政務にだけ参画することになっていたが、実際には商務にも口を出すことが多く、やがて会社役員会を差し置いて会社を支配するようになった。インド総督の任免もイギリス政府が事実上決定し、会社役員会はイギリス政府の人選に都合が悪いと感じた場合に拒否権を発動するに留まった。そのため徐々に役員会は不要と考えられるようになり、1833年特許法では会社役員会はインド庁の諮問機関に格下げされるに至った[5]

1858年インド大反乱が鎮圧されたのを機に東インド会社によるインド統治はヴィクトリア女王(女王陛下の政府)による直接統治に切り替えられた。この際にインド庁と役員会は廃止され、インド大臣職とインド省が設置された[6]

インド大臣とインド総督の関係はインド大臣がロンドンから命令を発し、現地に派遣されるインド総督がその命令を実行することが建前だったが、インド総督はあくまでインド皇帝(イギリス国王)の名代(Viceroy)であってインド大臣の代理(Agent)ではないとも定められていた[1]。そのため現実にはインド大臣とインド総督の関係に決まったパターンはなく、個々の大臣・総督によって大きく異なった。第9代エルギン伯ヴィクター・ブルースのような官僚的な人物が総督になるとインド総督はインド大臣に忠実に行動することが多かったが(エルギン伯は一日に二度インド省に連絡し、指示を仰いだといわれる)、初代カーゾン男爵ジョージ・カーゾンのような実力者が総督となった場合には「インド大臣はインド総督府の駐英大使に過ぎない」と揶揄されるほど影が薄くなることもあった。ただ一般的な傾向として1870年にインドとロンドンの間に電信が開通した後、インド大臣のインド植民地統治への影響力は大きくなったといえる[7]

1937年に英領インド帝国からビルマが切り離されたのに伴い、インド省と別にビルマ省英語版が設置されたが、大臣はインド大臣と同じ人物が務め続けることになり、インド大臣はインド=ビルマ大臣に改名された。しかし1947年にインドとパキスタンが独立したことでまずインド省とインド大臣のポストが廃止され、ついで1948年のビルマ独立でビルマ省とビルマ大臣も廃止された。

歴代大臣[編集]

インド大臣 (1858-1937)[編集]

肖像 氏名 期間 所属政党 内閣
(首相所属政党)
Edward Stanley, 15th Earl of Derby 2.jpg スタンリー卿
エドワード・スタンリー
1858年8月2日
-1859年6月11日
保守党 第2次ダービー伯爵内閣
(保守党)
1stViscountHalifax.jpg サー・チャールズ・ウッド 1859年6月18日
-1866年2月16日
自由党 第2次パーマストン子爵内閣
(自由党)
第2次ラッセル伯爵内閣
(自由党)
George Robinson 1st Marquess of Ripon.jpg 第3代ド・グレイ伯爵
ジョージ・ロビンソン
1866年2月16日
-1866年6月26日
自由党
Robert cecil.jpg クランボーン子爵
ロバート・ガスコイン=セシル
1866年7月6日
-1867年3月8日
保守党 第3次ダービー伯爵内閣
(保守党)
Stafford Northcote, 1st Earl of Iddesleigh.jpg 第8代準男爵
サー・スタッフォード・ノースコート
1867年3月8日
-1868年12月1日
保守党
第1次ディズレーリ内閣
(保守党)
George Douglas Campbell, 8th Duke of Argyll by George Frederic Watts.jpg 第8代アーガイル公爵
ジョージ・キャンベル
1868年12月9日
-1874年2月17日
自由党 第1次グラッドストン内閣
(自由党)
Robert cecil.jpg 第3代ソールズベリー侯爵
ロバート・ガスコイン=セシル
1874年2月21日
-1878年4月2日
保守党 第2次ディズレーリ内閣
(保守党)
1st Earl of Cranbrook.jpg 初代クランブルック伯爵
ゲイソン・ゲイソン=ハーディ
1878年4月2日
-1880年4月21日
保守党
Picture of Spencer Cavendish, 8th Duke of Devonshire.jpg ハーティントン侯爵
スペンサー・キャヴェンディッシュ
1880年4月28日
-1882年12月16日
自由党 第2次グラッドストン内閣
(自由党)
1st Earl of Kimberley 1897.jpg 初代キンバリー伯爵
ジョン・ウッドハウス
1882年12月6日
-1885年6月9日
自由党
Randolph churchill.jpg ランドルフ・チャーチル卿 1885年6月24日
-1886年1月28日
保守党 第1次ソールズベリー侯爵内閣
(保守党)
1st Earl of Kimberley 1897.jpg 初代キンバリー伯爵
ジョン・ウッドハウス
1886年2月6日
-1886年7月20日
自由党 第3次グラッドストン内閣
(自由党)
Portrait of Richard Assheton Cross, 1st Viscount Cross.jpg 初代クロス子爵
リチャード・クロス
1886年8月3日
-1892年8月11日
保守党 第2次ソールズベリー侯爵内閣
(保守党)
1st Earl of Kimberley 1897.jpg 初代キンバリー伯爵
ジョン・ウッドハウス
1892年8月18日
-1894年3月10日
自由党 第4次グラッドストン内閣
(自由党)
Henry Fowler.jpg ヘンリー・ファウラー英語版 1894年3月10日
-1895年6月21日
自由党 ローズベリー伯爵内閣
(自由党)
Lord George Hamilton.JPG ジョージ・ハミルトン卿 1895年7月4日
-1903年10月9日
保守党 第3次ソールズベリー侯爵内閣
(保守党)
バルフォア内閣
(保守党)
1stEarlOfMidleton.jpg セントジョン・ブロドリック 1903年10月9日
-1905年12月4日
アイルランド統一同盟英語版
John Morley, 1st Viscount Morley of Blackburn - Project Gutenberg eText 17976.jpg ブラックバーンの初代モーリー子爵[注釈 1]
ジョン・モーリー英語版
1905年12月10日
-1910年11月3日
自由党 キャンベル=バナマン内閣
(自由党)
アスキス内閣
(自由党)
Portrait of Robert Crewe-Milnes, 1st Marquess of Crewe.jpg 初代クルー伯爵
ロバート・クルー=ミルンズ
1910年11月3日
-1911年3月7日
自由党
John Morley, 1st Viscount Morley of Blackburn - Project Gutenberg eText 17976.jpg ブラックバーンの初代モーリー子爵
ジョン・モーリー英語版
1911年3月7日
-1911年5月25日
自由党
Portrait of Robert Crewe-Milnes, 1st Marquess of Crewe.jpg 初代クルー侯爵[注釈 2]
ロバート・クルー=ミルンズ
1911年5月25日
-1915年5月25日
自由党
Austen Chamberlain nobel.jpg オースティン・チェンバレン 1915年5月25日
-1917年7月17日
保守党 アスキス挙国一致内閣
(自由党)
ロイド・ジョージ挙国一致内閣
(自由党)
Edwin Samuel Montagu.jpg エドウィン・モンタギュー英語版 1917年7月17日
-1922年3月19日
自由党
Earl Peel cropped.jpg 第2代ピール子爵
ウィリアム・ピール
1922年3月19日
-1924年1月22日
保守党 ロー内閣
(保守党)
第1次ボールドウィン内閣
(保守党)
Lord Olivier GGBain.jpg 初代オリヴィエ男爵
シドニー・オリヴィエ英語版
1924年1月22日
-1924年11月3日
労働党 第1次マクドナルド内閣
(労働党)
1stEarlOfBirkenhead.jpg 初代バーケンヘッド伯爵英語版
フレデリック・スミス英語版
1924年11月6日
-1928年10月18日
保守党 第2次ボールドウィン内閣
(保守党)
Earl Peel cropped.jpg 第2代ピール子爵
ウィリアム・ピール
1928年10月18日
-1929年6月4日
保守党
William Wedgwood Benn cropped.jpg ウィリアム・ベン英語版 1929年6月7日
-1931年8月24日
労働党 第2次マクドナルド内閣
(労働党)
Sir Samuel Hoare GGBain.jpg サー・サミュエル・ホーア英語版 1931年8月25日
-1935年6月7日
保守党 マクドナルド挙国一致内閣
(挙国派労働機構英語版)
2nd Marquess of Zetland.JPG 第2代ゼットランド侯爵
ローレンス・ダンダス
1935年6月7日
-1937年5月28日
保守党 第3次ボールドウィン内閣
(保守党)

インド=ビルマ大臣 (1937–1947)[編集]

肖像 氏名 期間 所属政党 内閣
2nd Marquess of Zetland.JPG 第2代ゼットランド侯爵
ローレンス・ダンダス
1937年5月28日
-1940年5月13日
保守党 チェンバレン内閣
(保守党)
チェンバレン戦時内閣
(保守党)
Leo Amery 1917.jpg レオ・アメリー英語版 1940年5月13日
-1945年7月26日
保守党 チャーチル戦時内閣
(保守党)
British Political Personalities 1936-1945 HU59768.jpg 初代ペシック=ローレンス男爵
フレデリック・ペシック=ローレンス英語版
1945年8月3日
-1947年4月17日
労働党 アトリー内閣
(労働党)
No image.svg 第5代リストーウェル伯爵英語版
ウィリアム・ヘア英語版
1947年4月17日
-1947年8月14日
労働党

ビルマ大臣 (1947–1948)[編集]

肖像 氏名 期間 所属政党 内閣
No image.svg 第5代リストーウェル伯爵英語版
ウィリアム・ヘア英語版
1947年8月14日
-1948年1月4日
労働党 アトリー内閣
(労働党)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 在任中の1908年にモーリー子爵に叙せられた
  2. ^ 在任中の1911年にクルー侯爵に叙せられた

出典[編集]

  1. ^ a b 浜渦哲雄 1999, p. 41.
  2. ^ 辛島昇 2004, p. 335.
  3. ^ 浜渦哲雄 1999, p. 19-25.
  4. ^ a b 浜渦哲雄 1999, p. 30.
  5. ^ 浜渦哲雄 1999, p. 30-31/37-38.
  6. ^ 浜渦哲雄 1999, p. 111.
  7. ^ 浜渦哲雄 1999, p. 41-42.

参考文献[編集]

  • 辛島昇 『南アジア史』 山川出版社、2004年(平成16年)。ISBN 978-4634413702
  • 浜渦哲雄 『大英帝国インド総督列伝 イギリスはいかにインドを統治したか』 中央公論新社、1999年(平成11年)。ISBN 978-4120029370