インド・ウラン公社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インド・ウラン公社(インド・ウランこうしゃ、英語: Uranium Corporation of IndiaUCIL)は、インド国営企業のひとつ。

概説[編集]

原子力省en:Department of Atomic Energy (India)の原子力鉱物部が全額出資し、ウラントリウムの掘削と精練を担っている[1]

1960年代から、本社を構えるジャールカンド州ジャドゥゴダ近郊でウラン鉱床の開発を始め、現在Jadugoda、Bhatin、Narwapaharなどの鉱山採掘をしている。これらはインド唯一のウラン鉱山であり、付設の精錬工場とともに、同国の原子力発電を支え、核兵器開発の基礎を与えてきた[2]

同州スィンブームen:Singhbhum1986年運転開始のウラン鉱石処理施設をもち、の副産物としてイエローケーキを生産している[3]

2012年カルナータカ州内のウラン鉱採掘と加工工場の設置について、同州政府との間で覚書を締結した[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]