インドラヴァルマン2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インドラヴァルマン2世
ឥន្ទ្រវរ្ម័នទី២
クメール王朝君主
在位 1220年頃 - 1243年

出生 不詳
死去 1243年
王朝 アンコール朝
父親 ジャヤーヴァルマン7世
母親 インドラデーヴィー
宗教 大乗仏教[1][2]
テンプレートを表示

インドラヴァルマン2世クメール語: ឥន្ទ្រវរ្ម័នទី២, ラテン文字転写: Indravarman II, 生年不詳 - 1243年[3][4][5])は、クメール王朝の第22代[6][7]君主(在位:1220年[7][8] - 1243年[6][9])。

生涯[編集]

第21代君主[6]ジャヤーヴァルマン7世[7]とその妃インドラデーヴィー英語版の子。王子時代はラヴォ(現在のロッブリー県)の総督であった[3]ともされる。1220年頃、父王が死去したために即位した。ジャヤーヴァルマン7世の政策を引き継いで、先王が建立したいくつかの仏教寺院を拡張・完成させた。ジャヤーヴァルマン7世の代に浪費されて悪化した財政が祟って[10]1220年[11]には1190年以来支配下に置いていたクメール語版[8]チャンパ[12]のアンシャラージャ(ジャヤ・パラメーシュヴァラヴァルマン2世英語版[4]に、更には1238年[13]にはスコータイ王朝のバーンクラーンハーオ(シーインタラーティット)にそれぞれ独立を許した[14][15]ため、クメールの領土は縮小し[4]、勢力が大きく衰退した[7][8][12]と言われていた[10]

一方で、2000年代に行われた発掘調査[16]の結果などから、インドラヴァルマン2世の治下においてもクメールはそれなりに繁栄していた[17]とも、インドラヴァルマン2世自身も実力と行動力を持っていたとも考えられている[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 石澤 2005, p. 275
  2. ^ 迫田 2015, p. 49, 「アンコール遺跡&シェムリアップ」
  3. ^ a b Cœdès 1968, p. 180
  4. ^ a b c Cœdès 1968, p. 181
  5. ^ 石澤 2005, p. 192
  6. ^ a b c 石澤 2002, p. 25
  7. ^ a b c d 迫田 2015, p. 84, 「カンボジア文化講座」
  8. ^ a b c 歴史”. DTACカンボジア観光情報局. 2013年4月21日閲覧。
  9. ^ 迫田 2015, p. 48, 「アンコール遺跡&シェムリアップ」
  10. ^ a b 石澤 2002, p. 12
  11. ^ Cœdès 1968, p. 171
  12. ^ a b コイ 2000, p. 62
  13. ^ スコータイ — 日本アセアンセンター”. 2017年9月29日閲覧。
  14. ^ 石澤 2005, p. 193
  15. ^ a b 石澤 2002, p. 13
  16. ^ 石澤 2002, p. 4
  17. ^ 石澤 2002, pp. 12-14

参考文献[編集]

  • George Cœdès (May 1, 1968). Walter F. Vella. ed. The Indianized States of South-East Asia. Susan Brown Cowing. trans. University of Hawaii Press. ISBN 978-0824803681. 
  • レイ・タン・コイドイツ語版『東南アジア史』石澤良昭訳、白水社文庫クセジュ〉、2000年4月30日、増補新版。ISBN 978-4560058268
  • 石澤良昭『アンコール・王たちの物語 碑文・発掘成果から読み解く』NHK出版NHKブックス〉、2005年7月30日。ISBN 978-4140910344
  • 石澤良昭「アンコール王朝史の新局面」『東南アジア -歴史と文化-』第2002巻第31号、2002年、 3-26頁。
  • 迫田龍 「アンコール遺跡&シェムリアップ」、上野光人編 『ララチッタ アンコールワット・ホーチミン』 JTBパブリッシング、2015年4月1日。ISBN 978-4533104220 
  • 迫田龍 「カンボジア文化講座」、大橋圭子編 『るるぶアンコールワット』 JTBパブリッシング、2015年9月30日。ISBN 978-4533106668 
先代:
ジャヤーヴァルマン7世
クメール王朝君主
1220年頃 - 1243年
次代:
ジャヤーヴァルマン8世