インドネシアの政党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インドネシアの政党は、インドネシア政党について説明する。

概要[編集]

インドネシアにおける政党は全国規模の組織を有することが求められ、政党法に定められた要件を満たした法人として法務・人権省に登録することが必要である。なお2012年に改正された政党法に基づく登録に際しては、全ての州に支部を設置すること、州内の4分の3以上の県市に支部を設置することが義務付けられている[1]。2012年の選挙法改正で代表阻止条項が引き上げられ、全国得票率3.5%未満の政党は議席を得られない [2]

インドネシアにおける政党は大きく分けて世俗ナショナリスト系とイスラーム系に区分され、ナショナリスト系は敬虔さを、イスラーム系は国家や社会のイスラーム化よりは反汚職や大衆の福祉などを訴える傾向がある。なおイスラーム系政党は近年、内部紛争などで支持率が低迷する状態が続いている[1]

政党一覧[編集]

2014年議会選挙で議席を得た政党[編集]

その他の政党[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b インドネシア 政党”. 「中東・イスラーム諸国の民主化」. 2015年4月4日閲覧。
  2. ^ “【よく分かるインドネシア選挙特集】 改革と懐古の分かれ道 (2014年01月06日)”. (2014年1月6日). https://www.jakartashimbun.com/free/detail/15508.html 2014年4月21日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]