インドの国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
花の谷国立公園の一風景。

インドの国立公園(インドのこくりつこうえん、英語: National parks of India)は、インドにおける国際自然保護連合(IUCN)のカテゴリーIIの保護地域である国立公園である。

概要[編集]

インド初の国立公園は1936年にヘイリー国立公園として設立され、現在はウッタラーカンド州ジム・コーベット国立公園として知られている。1970年までに、インドには5つの国立公園しかなかったが、 1972年にインドは保護に依存する種(Conservation-reliant species)の生息地を保護するために、1973年に野生生物保護法とプロジェクト・タイガーを制定した。

野生生物の保護を強化するさらなる連邦法が、1980年代に導入された。

インドには105の既存の国立公園があり、国の地理的面積の1.33%である43,716平方キロメートルの面積をカバーする(National Wildlife Database、2020年12月)。これに加えて、16,608平方キロメートルの面積をカバーする75の国立公園が、保護地域ネットワークレポート(Rodgers&Panwar、1988)で提案されている[1]。この報告書が完全に実施されれば、国立公園のネットワークは176に増加する。

一覧[編集]

インドの国家公園のいくつかを、次に示す(あいうえお順)。

参照項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]