インティンクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
病院でインティンクションによる聖餐

インティンクション英語: Intinction)とは、キリスト教の「パンとぶどう酒」の聖餐式に際して、パンを司式者(牧師)が持つぶどう酒に浸すことを指す。

概要[編集]

インティンクションはキリスト教の「パンとぶどう酒」の聖餐式に際して、パンを食べてからぶどう酒をカップ(チャリス)から直接飲むのでなく、パンを司式者(牧師)が持つぶどう酒に浸すことを指し[1]、受領者(信徒)はそのぶどう酒を含んだパンを食べる。パンをぶどう酒に浸すのは司式者が行なうこともあるし(インティンクション)、受領者が自分で行うこともある(セルフ・インティンクション)。

聖餐式はパンをもらって食べてからは、チャリスからぶどう酒を直接飲んだり、受領者各々があらかじめ小型のカップにぶどう酒(またはぶどうジュース)をもらっておいて飲む場合が多いが、教会によってはこのインティンクションで行う所もある。2020年には新型コロナウイルスのため、一時的にインティンクションに変えている所も出てきた。[2]

参照項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]