インティリティ・アレナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インティリティ・アレナ
Vålerenga kultur- og idrettspark 10. september 2017.jpg
インティリティ・アレナの位置(オスロ内)
インティリティ・アレナ
施設情報
所在地 オスロ
位置 北緯59度55分 東経10度49分 / 北緯59.92度 東経10.81度 / 59.92; 10.81座標: 北緯59度55分 東経10度49分 / 北緯59.92度 東経10.81度 / 59.92; 10.81
起工 2015
開場 2017
所有者 ヴォレレンガ・フォトバル[1]
運用者 ヴォレレンガ・フォトバル[2]
グラウンド 人工芝[1]
ピッチサイズ 105 x 68 m[1]
使用チーム、大会
ヴォレレンガ・フォトバル (2017-)
収容能力
17,333人[1]
アクセス
オスロ地下鉄Helsfyr駅から徒歩10分[3]

インティリティ・アレナ(Intility Arena)は、ノルウェーオスロにあるサッカースタジアムである。施設はヴォレレンガ・フォトバルが所有し、男子チームと女子チームがホームスタジアムとして使用する。

概要[編集]

ヴォレレンガはビスレット・スタディオンウレヴォール・スタディオンなどをホームスタジアムとして使用してきたが、2015年にクラブ所有となる新スタジアムの建設が開始され、クラブ創設104年目に当たる2017年に完成した[2]

2017年9月9日にヴォレレンガの女子チームが所属するトップセリエンのKolbotn戦で開場し、Stephanie Verdoiaが記録したスタジアム初得点などでヴォレレンガが2-0で勝利した[4]。この試合にはトップセリエンの最多入場者数記録を更新する3,541人が入場した[4]。9月10日には男子チーム最初の試合となるエリテセリエンサルプスボルグ08戦が行われ、17,000人以上が入場したが、1-2で敗れた[5]

スタジアムはヴォレレンガ文化スポーツ公園(Vålerenga kultur- og idrettspark)の名前で開場したが[6]、2017年10月9日にオスロに本社を置くテクノロジー企業Intilityと10年間のパートナーシップ契約を結び、インティリティ・アレナに改称された[7][8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Fakta om stadion”. Vålerenga. 2017年10月25日閲覧。
  2. ^ a b Historien om Intility Arena”. Vålerenga. 2017年10月25日閲覧。
  3. ^ Her må Vålerenga utfordres. Av andre Oslolag. Gratulerer med dagen!”. Dagsavisen (2017年9月9日). 2017年10月28日閲覧。
  4. ^ a b Ullevaal ble innviet av kongehuset. Slik ble det ikke hos VIF”. Dagsavisen (2017年9月9日). 2017年10月28日閲覧。
  5. ^ Supertalent og kanonscoring spolerte Vålerengas åpningsfest”. TV2 (2017年9月10日). 2017年10月27日閲覧。
  6. ^ Vålerengas nye stadion har fått nytt navn”. VG (2017年10月9日). 2017年10月27日閲覧。
  7. ^ Vålerengas nye stadion blir Intility Arena”. Vålerenga (2017年10月9日). 2017年10月27日閲覧。
  8. ^ Vålerenga's new stadium is named Intility Arena”. Intility (2017年10月9日). 2017年10月28日閲覧。