インターネット端末

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インターネット端末(インターネットたんまつ)とは、何らかの方法でインターネットに接続して、インターネット上の資源の利用を可能とするような機能を持った装置。2015年(平成27年)現在ではウェブブラウザの機能を持つものをさす事が多く、ほかに電子メールクライアントや各種のインスタントメッセンジャーのクライアントなどの機能を併せ持つ場合も多い。

広義では、パソコン携帯電話が最も普及したインターネット端末であるが、ゲーム機やテレビ受像機に内蔵されたもの、さらには単体の専用機器なども存在している。

公衆端末[編集]

近年、無料ないしは時間貸しの形態で、不特定多数の人間に対して、インターネット端末を使用させるサービスが一般化している。

インターネットカフェ等[編集]

店舗空間にインターネット端末を複数台設置し、それを使用させる業態。パソコンを使用している場合が多く、ネットゲームへの参加が可能である事を売りにするケースも多い。ゲーム機が使用できたり、漫画喫茶を兼ねている場合も多い。持ち込み端末による有線あるいは無線によるLAN接続が可能である場合も多い。ハイエンドクラスの性能を備える端末が設置されることもある。

空港や駅などの時間貸しサービス[編集]

空港や駅などで乗り換え時間などを利用してインターネットに接続する事が出来るようにしたサービス。オープンな空間に設置される事が多い。有料の時間貸しが基本であるが、一部にはインターネット接続業者などとのタイアップによる無料端末も存在する。公衆無線LANサービスが併設されているケースが多い。

図書館等公共機関に於けるサービス[編集]

図書館などの公共施設において、インターネットに接続できる端末が、一般に開放されている場合がある。無制限に利用できるものも中には存在するが、通常は時間制限が存在する場合が多い。料金に関しては無料な場合も有料な場合もある。

インターネット接続業者による宣伝活動[編集]

上記のようなケースでも、一部にタイアップとして存在するが、それ以外でも家電量販店の店頭などで、インターネット接続業者によってインターネット端末が開放されている場合がある。あくまでも宣伝活動なので自由に利用できない場合が多い。

関連事項[編集]