インセイン刑務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

インセイン刑務所英語: Insein Prison)は、ミャンマーの元首都ヤンゴン郊外に位置する刑務所

ミャンマーの民主運動指導者であるアウンサンスーチーが収容されたことで知られるほか、ミャンマーの軍事政権に従わない多くの政治犯活動家が収容されている。また、所内は劣悪な衛生状態となっており、拷問虐待なども日常的に行われていることから、アムネスティ・インターナショナルには強く批判されている。

2008年5月3日、ミャンマー国内をサイクロンが襲い、本刑務所も強風の被害にさらされた結果、1500人余りの囚人は第一棟に閉じ込められ、暴動が発生して所内の一部が放火された。この事態に対してミャンマー軍や暴動鎮圧隊が発砲した結果、36人が死亡して70人余りが負傷した。その後、98人が懲罰房に入れられ、さらに4人が拷問で死亡している[1]

囚人[編集]

2008年現在、約1500人が収容されている。

著名な囚人[編集]

出典[編集]

  1. ^ “刑務所で暴動、囚人36人を軍が射殺 サイクロン直撃下のビルマ”. 日刊ベリタ. (2008年5月7日). http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200805071759253 2010年1月10日閲覧。 

座標: 北緯16度53分34秒 東経96度05分53秒 / 北緯16.892715度 東経96.097986度 / 16.892715; 96.097986