インスブルック古楽音楽祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンブラス城

インスブルック古楽音楽祭ドイツ語: Innsbrucker Festwochen der Alten Musik)は、オーストリアインスブルックで開催される古楽音楽祭

概要[編集]

1963年チロル地方がオーストリアに編入されて600周年なのを記念して、アンブラス城でコンサートが開かれた。このコンサートは1976年より毎年8月に開かれるようになった[1]。その他、インスブルック宮殿、州立劇場、イエズス会教会が会場として使用される。これまでにニコラウス・アーノンクールジョルディ・サヴァールシギスヴァルト・クイケンジョン・エリオット・ガーディナーといった指揮者が登場している。

1997年から2009年まで芸術監督を務めたルネ・ヤーコプスは積極的にオペラの上演を行い、アントニオ・チェスティの『オロンテーア』、クラウディオ・モンテヴェルディの『オルフェオ』『ウリッセの帰還』『ポッペーアの戴冠』、ピエトロ・フランチェスコ・カヴァッリの『ジャゾーネ』『セルセ』、アントニオ・サルトリオの『エジプトのジュリオ・チェザーレ』、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルの『フラヴィーオ』『リナルド』、ゲオルク・フィリップ・テレマンの『オルフェウス』、ヨハン・アドルフ・ハッセの『ソリマーノ』、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの『月の世界』、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの『偽の女庭師』『ドン・ジョヴァンニ』などが取り上げられている。

脚注[編集]

  1. ^ Michael Gehler Tirol: "Land im Gebirge" : zwischen Tradition und Moderne 1999 p273 "1976 fand erstmals eine Woche der alten Musik in Innsbruck statt und ein Jahr später wagte man, ihr den Titel »Festwoche der alten Musik« zu geben."

外部リンク[編集]