インストアブランチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
インストアブランチの一例
西日本シティ銀行田島支店(福岡県福岡市中央区
イオンスタイル笹丘に併設されている。

インストアブランチとはスーパーマーケットなどの商業施設内に相談窓口的な店舗を設置する形態の銀行店舗のことである。

概要[編集]

インストアブランチと称される店舗は、原則的に「銀行法上の店舗(いわゆるフルバンキング業務を行う本支店・出張所・代理店)」ではなく、相談窓口や営業所扱いで開設・運営されている所が多い。即ち、銀行店舗とは別に組織された法人営業拠点や国際空港内の外貨両替コーナーと同等である。

これはかつて銀行店舗の新規出店には金融当局である大蔵省(現在の財務省)の規制が敷かれており、1997年以後の銀行法改正により出店規制自体が緩和され、欧米で浸透しはじめていたインストアブランチ形態の展開が現実的に可能となった所以が関係している[1]。このため、同年から荘内銀行(同行では有人出張所・支店として開設)など地方銀行を中心に展開が開始された[2]

各金融機関の中での捉え方や、後述のように報道機関においてもその定義づけがあいまいであるため、「インストアブランチ」という言葉の定義が定まっていない部分があるのが現状ではある。専門家などによる書籍などでは、銀行の営業時間外の銀行店舗スペースを他のテナントエリアとシャッターで仕切らない、荘銀やイオン銀行の店舗が「インストアブランチ」のモデルケースとされる場合が多い。

営業形態は近隣支店や本店営業部などに属するリテール向けの「営業所」あるいは「相談窓口」のため、リテールのみの取扱となり、法人営業は行わない。銀行側の判断によって現金の取り扱いも行わず(周辺のATMで預金口座の資金を出し入れする形となる)、資金移動を伴う取引は預金口座の振替による振込や定期預金などの預け出しなどに限定され、それ以外は住宅ローンの相談、銀行窓販保険商品や投資信託の相談・販売などに限定されている所が大多数であるとされる。

北都銀行御所野支店(イオンモール秋田内)・能代支店(イオン能代店内)、スルガ銀行清水町支店(サントムーン柿田川[注釈 1])のようなフルバンキング店舗の場合は、ショッピングモールのテナントであっても「インストアブランチ」とは称されないとされる[注釈 2]

一方、百十四銀行ゆめタウン高松出張所のように「インストアブランチ」と称していても、実態はフルバンキング店舗というケースもある。 また、銀行代理業者として、A銀行のインストアブランチでB,C,D銀行の新規口座開設や住宅ローンなどの取引・相談を取次・媒介の形で行っているセブン銀行などの例があったり、関係会社へインストアブランチの運営をほぼ全面委託して全国に対面拠点の展開を図っているイオン銀行の例もある[3][4]

主に都市部に見られる舎や駅ビルテナントビルオフィスビルファッションビルなど)内にフルバンキング店舗が入居しているものの路面と接している店舗や、空港内の支店・有人出張所などは「インストアブランチ」とは無関係であり、インストアブランチと称するのは誤用である[注釈 3]

ゆうちょ銀行では「インストアブランチ」として特化した店舗は有していないが、郵政民営化以前のシティポスト大学明治村など一部の公共施設内に開設・運営された旧簡易郵便局は、その立地条件とゆうちょの取引に制約があるなどインストアブランチに近い性質が有る。また、商業施設に郵便局や無人のゆうちょキャッシュコーナーが設置されているが、これもインストアブランチではない。

通常、支店が有人出張所に降格される際、当座勘定を母店に統合されるケースが一般的(場合によっては、法人口座を母店に統合するケースもある)だが、既存の支店をインストアブランチ化する場合、事実上のフルバンキング店舗の形態の店舗を除き、有人出張所同様、当座勘定(場合によっては、法人名義口座を含む)の取り扱いを取りやめて他支店に移管するケースもある。

事例[編集]

新たな形態の金融機関[編集]

地方銀行[編集]

第二地方銀行[編集]

信用金庫[編集]

農業協同組合[編集]

インブランチストア[編集]

類似用語としてインブランチストア(Branch in Store)がある。これは本支店など銀行自前の建物の一部分を貸店舗として、飲食店コンビニエンスストアなどの商業店舗を入居させる形態をいう。

1998年に銀行の建物の用途を規制していた「営業用不動産の有効活用に関する通達」が廃止された事に伴い、物販店用途に建物のフロアを賃貸させることが可能となった。但し、オフィスビルのように元々物販テナントへのフロア貸しを想定せずに設計された建物が殆どで、銀行としての執務スペースでフロアが満床の状態も多いため、こぞって参入する動きは見られていない。

  • 2000年に営業開始した新生銀行(旧日本長期信用銀行)本店ビル1階の広大なエントランススペースに、スターバックスコーヒーが入居したのが初とされ、同行への所用が無い者でも立ち寄れる場所となったが、2008年頃に撤退している[注釈 5]。また、新宿支店(新宿エルタワー)など自社物件ではないもののスターバックスコーヒーと支店を複合させた店舗が複数存在する。
  • 沖縄県内初のインブランチストアとなった琉球銀行松尾支店では、1階・2階が窓口営業のスペースだったところを2階へ続く階段やATMコーナーのスペースをそのままにして、残りの1階部分をコーヒーショップに改造して2階のみを営業窓口として設ける方法を採用した。つまりコーヒーショップへ行く場合、銀行正面の出入口よりATMコーナーのスペース部分を通ってから店舗へ移動する形態であった(余談だが、松尾支店1階奥に設置されていた収納式大型金庫は原形を保ったまま、コーヒーショップの倉庫として使われていた)。現在はファミリーマート国際通り中央店が入居している。
  • 関西アーバン銀行池田支店も店舗リニューアルと同時に店舗1階にコーヒーショップが併設された。店舗機能・プレミアムサロン等は2~4階に移り、ATMコーナーが1階に残っている。なお、この店舗はもともとさくら銀行池田支店、三井住友銀行池田南口支店(合併後池田支店に統合)であった。
  • 足利銀行大宮支店(大宮区、4階建て)は、2008年に営業店とATMコーナーを1階路面部から2階へ移転し、1階部分にサンクス(コンビニエンスストア)を入居させた。ただしコンビニと銀行のアクセスは完全に隔てられており、建物の隣接部に2階の支店へ通ずるエレベーターと階段のみの塔屋状の建物を新設した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ サントムーン柿田川内の別の建物には静岡中央銀行のインストアブランチが入居している。
  2. ^ 北都銀行御所野支店など5店舗は、いわゆる「インストアブランチと称する店舗」であり、土日営業も行う個人向けフルバンキングを手掛けるため、本来インストアブランチで扱う範疇を超えている。同行能代支店は、地域の中核店がイオン能代店と同じ建物に入居しているに過ぎない。
  3. ^ 厳密な意味での「インストアブランチ」の定義とは異なるが、荘内銀行イオンタウン米沢支店・同南陽支店のように、ショッピングエリアの中に別棟で立地している店舗を「別棟版インストアブランチ」と河北新報が報じていたことがある。
  4. ^ ただし、「Q's SHOP」ブランド自体は、インストアブランチのみを指すものではなく、個人型に特化しかつフルバンキングを手掛けない店舗に対しても使用し、山形県内の2店舗(いずれも、マックスバリュ東北運営のイオンタウン内に所在)が該当する。なお、2015年3月開業のイオンモール天童支店は、館内にありながらもリテール専門のフルバンキング店舗であるQ's LIVINGブランドである。
  5. ^ その後、本店ビルは売却され再開発事業が進行中である。

出典[編集]

関連項目[編集]