イングリッド・アレクサンドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イングリッド・アレクサンドラ
Prinsesse Ingrid Alexandra av Norge
ノルウェー王女
続柄 ホーコン・マグヌス王太子第一子
出生 (2004-01-21) 2004年1月21日(14歳)
 ノルウェーオスロ
父親 ホーコン・マグヌス王太子
母親 メッテ=マリット妃
テンプレートを表示
ノルウェー王室
Royal Arms of Norway.svg

ハーラル5世
ソニア王妃


2007年

イングリッドイングリ・アレクサンドラIngrid Alexandra, 2004年1月21日 - )は、ノルウェー王太子ホーコン・マグヌスとその妃メッテ=マリットの長女(第1子)。オスロで誕生した。王位継承順位第2位。

略歴[編集]

2004年1月21日、オスロ大学病院でホーコン王太子メッテ=マリット妃の第一子として誕生した。マリウスという異父兄がいる。同年4月17日に洗礼式が執り行われ、代父母に父方の祖父ハーラル5世、母方の祖母マリット・ヒェッセム、叔母のマッタ・ルイーセ王女、デンマークのフレデリク王太子、スペインのアストゥリアス公フェリペ(現フェリペ6世)、スウェーデンのヴィクトリア王太子がなった。

2005年12月3日に弟のスヴェレ・マグヌス王子が生まれたが、1990年の憲法改正により王位継承順位はイングリッド・アレクサンドラが優先される。(ただイギリス王位継承権は弟の方が上になる。)

2010年6月19日のスウェーデン王太子ヴィクトリアの結婚式では、オランダのカタリナ=アマリア王女とデンマークのクリスチャン王子とともに花嫁の付き添い人をつとめた[1]

2010年から異父兄のマリウスが通っていた王宮に近い公立学校に通い始めた。2014年からはインターナショナルスクールに通学している[2]

2016年2月12日から行われたリレハンメルユースオリンピックの開会式で最終聖火ランナーとして聖火台に火を点灯した[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
上位:
ホーコン王子
王太子
ノルウェー王位継承権者
継承順位第 2
下位:
スヴェレ・マグヌス王子
上位:
スヴェレ・マグヌス王子
ノルウェー王子
イギリス王位継承順位
継承順位第 65
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位:
マッタ・ルイーセ王女
ノルウェー王女