イングリッシュマン・イン・ニューヨーク (スティングの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イングリッシュマン・イン・ニューヨーク
スティングシングル
初出アルバム『ナッシング・ライク・ザ・サン
B面 Ghost in the Strand
リリース
規格 7インチシングル
12インチシングル
マキシシングル
録音 1987年
ジャンル ジャズレゲエロックポップ
時間
レーベル A&Mレコード
作詞・作曲 スティング
プロデュース スティング
ニール・ドーフスマン英語版
スティング シングル 年表
Be Still My Beating Heart
(1987年)
Englishman in New York
(1988年)
Fragile
(1988年)
テンプレートを表示

イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」(Englishman in New York) は、イングランドのアーティストであるスティングの楽曲。

概要[編集]

1987年10月にリリースされた彼の2枚目のスタジオ・アルバムナッシング・ライク・ザ・サン』に収録された。この曲では、ブランフォード・マルサリスソプラノ・サクソフォーンを演奏しており、ドラムスはマヌ・カチェ、パーカッションはミノ・シネルがそれぞれ演奏している。

この曲のシングルは、アルバムからの3枚目のシングルとして1988年2月にリリースされたが、全英シングルチャートでは、51位どまりに終わった[1]アメリカ合衆国では、1988年4月に Billboard Hot 100で84位となり[2]、『ビルボード』誌の Mainstream Rock chart では、同じ月のうちに32位となった[3]。しかし、大陸ヨーロッパでは、より大きな成功を収め、いくつもの国でヒット曲となり[4]フランスオランダスペインベルギーなどではトップ40圏内に入り、トップ20圏内に入ったところもあった上、アイルランドでもトップ20に入った。南アフリカ共和国では、最高9位となった。

1990年、スティングが3枚目のスタジオ・アルバム『ソウル・ケージ』をリリースする直前、スティングのレコード・レーベルは、オランダ人DJで音楽プロデューサーベン・リーブランド英語版に「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」をリミックスしてシングルとしてリリースすることを許可した。このリミックスは導入部が加えられ、楽器の音も追加されているているが、歌唱部分はほぼそのまま使われている。この新しいバージョンは、商業的に成功を収め、1990年の半ばには全英シングルチャートで15位まで上昇した[1]

2010年、スティングはアルバム『シンフォニシティ (Symphonicities)』のために自らこの曲のオーケストラ・バージョンを再録音した。

歌詞の内容[編集]

ここで言及されている「イングリッシュマン(イングランド人)」とは、奇人として有名なゲイ・アイコンだったクエンティン・クリスプ英語版のことである[5][6][7]。スティングがこの曲を書いたのは、クリスプがロンドンから、マンハッタンバワリーのアパートに移り住に、スティングに冗談めかして「帰化認可を受け取れるのを待ってるんだ、そうすれば犯罪を犯しても送還されずに済むからね」と語ってから程ない頃のことであった[8]

ミュージック・ビデオ[編集]

この曲のビデオは、デヴィッド・フィンチャーが監督して白黒の映像で制作され、ニューヨークで撮影されたスティングや彼のバンドのメンバーが登場する場面とともに、このビデオのために撮影されたクエンティン・クリスプの姿が捉えられている。ビデオの最後、楽曲がフェードアウトした後には、高齢の男性の声で「If I have an ambition other than a desire to be a chronic invalid, it would be to meet everybody in the world before I die... and I'm not doing badly.(もし私が、慢性病患者になりたいという望み以外に大きな野望をもつとしたら、それは死ぬ前に世界中のすべての人々と会いたいということになるかな ... まあ実際、結構うまくやってるが)」という語りが入っていた[9][10]2011年に、公式ビデオは、この語りが削除されたバージョンに置き換えられた[11]

トラックリスト[編集]

  • 12" Single (AMY 431)
  1. "Englishman in New York" – 4:25
  2. "Ghost in the Strand" – 2:33
  3. "Bring on the Night"/"When the World Is Running Down" (Live) – 11:42
  • 7" Single (AM 1200)
  1. "Englishman in New York" – 4:25
  2. "If You There" – 4:08
  • CD Maxi Single (75021 2370 2)
  1. "Englishman in New York" – 4:03
  2. "Someone to Watch Over Me" – 4:35
  3. "Up from the Skies" – 10:07
  • 日本盤 8cm CD (S12Y3025)[12]
  1. イングリッシュマン・イン・ニューヨーク (Englishman in New York)
  2. サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー (Someone to Watch Over Me)
  3. 空より高く (Up from the Skies)

チャート[編集]

チャート(1988年) 最高位
ベルギーの旗 ベルギー ウルトラトップ[13] 16
フランスの旗 フランス 全国音楽出版組合 (SNEP)[14] 30
カナダの旗 カナダ RPM カナダ・トップ・シングル[15] 60
アイルランドの旗 アイルランド アイルランド・レコード音楽協会 (IRMA) 12[要出典]
オランダの旗 オランダ ネーダラントス・トップ40[16] 9
スペインの旗 スペイン AFYVE[17] 21
イギリスの旗 イギリス 全英シングルチャート[1] 51
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 Billboard Hot 100 84
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 Billboard Mainstream Rock Tracks 32
チャート(1990年) 最高位
イギリスの旗 イギリス 全英シングルチャート[1] 15
チャート(2019年) 最高位
ポーランドの旗 ポーランド ZPAV[18] 81

認定[編集]

国/地域 認定 認定/売上枚数
デンマーク (IFPI Denmark)[19] Gold 5,000^
イギリス (BPI)[20] Silver 200,000double-dagger

double-dagger認定のみに基づく売上枚数と再生回数

カバー[編集]

日本語による替え歌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Sting - full Official Chart History”. Official Charts Company. 2019年12月21日閲覧。
  2. ^ Music: Top 100 Songs - Billboard Hot 100 Chart”. Billboard.com. 2018年7月8日閲覧。
  3. ^ Sting - Chart history - Billboard”. Billboard.com. 2018年7月8日閲覧。
  4. ^ Archived copy”. 2012年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月5日閲覧。
  5. ^ Sting on Quentin Crisp and the song "Englishman in New York"”. Crisperanto.org. 2018年7月8日閲覧。
  6. ^ Quentin Crisp”. Biography. 2014年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月8日閲覧。
  7. ^ Archived copy”. 2014年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月6日閲覧。
  8. ^ THE TITANIC LAWS”. Sky.org. 2018年7月8日閲覧。
  9. ^ Cherata, Dania Lara (2009年). “Fostering Learner Autonomy through a Multiple Intelligences Theory-based Approach to Teaching Police English Courses for Continuing Professional Development”. Ministry of Internal Affairs of Romania. p. 130. 2019年6月23日閲覧。
  10. ^ Rutledge, Stephen (2018年5月30日). “#QueerQuote: “Be Yourself No Matter What They Say.” – Gordon Sumner”. World of Wonder. 2019年6月23日閲覧。
  11. ^ Sting - Englishman In New York (Official Music Video). Sting. 11 January 2011. 2019年6月23日閲覧[要非一次資料]
  12. ^ Sting – Englishman In New York - Discogs
  13. ^ STING - ENGLISHMAN IN NEW YORK”. ULTRATOP & Hung Medien. 2019年12月20日閲覧。
  14. ^ STING - ENGLISHMAN IN NEW YORK (CHANSON)”. Hung Medien. 2019年12月20日閲覧。
  15. ^ Canadian Top Singles Archived 2014-11-29 at the Wayback Machine. RPM
  16. ^ Sting - Top 40-hits”. Top40/hitdossier.nl. 2019年12月20日閲覧。
  17. ^ Salaverri, Fernando (September 2005). Sólo éxitos: año a año, 1959–2002 (1st ed.). Spain: Fundación Autor-SGAE. ISBN 84-8048-639-2 
  18. ^ ZPAV :: Bestsellery i wyróżnienia - AirPlays - Top - Archiwum 2019 / 21.09. - 27.09.2019”. ZPAV. 2019年9月30日閲覧。
  19. ^ "Danish single certifications – Sting – Englishman in New York". IFPI Denmark. 2019年6月6日閲覧 Click on næste to go to page if certification from official website
  20. ^ "British single certifications – Sting – Englishman in New York". British Phonographic Industry. 2019年4月12日閲覧 Enter Englishman in New York in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Select Silver in the field By Award. Click Search
  21. ^ Outlandos D'Americas - Tributo A Police (A Tribute To The Police) (1988, CD)”. Discogs. 2019年12月21日閲覧。
  22. ^ Hung, Steffen. “Les charts français”. Lescharts.com. 2018年7月8日閲覧。
  23. ^ Cris Cab feat. Tefa & Moox & Willy William - Englishman In New York”. ultratop.be. 2018−07−08閲覧。
  24. ^ Discography”. Majiko. 2019年12月20日閲覧。
  25. ^ スティングの名曲 関西弁でカバースポーツニッポン、2007年06月25日付。(インターネットアーカイブのキャッシュ)

外部リンク[編集]