イングリダ・シモニーテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リトアニアの政治家
イングリダ・シモニーテ
Ingrida Šimonytė
Ingrida Simonyte 2019.jpg
イングリダ・シモニーテ
生年月日 (1974-11-15) 1974年11月15日(45歳)
出生地 Flag of the Lithuanian Soviet Socialist Republic (1953–1988).svg リトアニア・ソビエト社会主義共和国ヴィリニュス
出身校 ヴィリニュス大学 (VU) 経済学部(1998年)
所属政党 無所属
テンプレートを表示

イングリダ・シモニーテIngrida Šimonytė1974年11月15日 - )は、リトアニアの政治家。

経歴[編集]

1992年ヴィリニュス第7中等学校リトアニア語版を卒業し、ヴィリニュス大学経済学部に入学。1996年、学士号を取得(行政学)。1998年、修士課程を修了した。

1997年からリトアニア財務省で勤務。2002年から2004年まで税務局長を務めた。2009年、財務副大臣に就任し、同年から2012年までアンドリュス・クビリュス内閣において財務大臣を務めた[1]

2013年から2016年までヴィリニュス大学講師など。2016年から国会(セイマス)議員。

2019年リトアニア大統領選挙英語版に立候補(祖国連合が支持)。5月12日の第1回投票では1位となり、2位でエコノミストのギタナス・ナウセダ候補とともに5月26日の決選投票に進んだ[2]ものの、決選投票ではナウセダ候補に大差をつけられ敗れた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

公職
先代:
アルギルダス・ゲディミナス・シェメタリトアニア語版
リトアニアの旗 リトアニア共和国財務大臣
2009年 - 2012年
次代:
リマンタス・シャジュスリトアニア語版