イングランド系アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イングランドの旗 イングランド系アメリカ人 アメリカ合衆国の旗
English Americans
English Americans.png
著名なイングランド系アメリカ人
ウィリアム・バード2世ジョージ・ワシントンベンジャミン・フランクリンベッツィ・ロスジョン・クィンシー・アダムズフランシス・スコット・キーエイブラハム・リンカーンクララ・バートンキング・C・ジレットランサム・E・オールズローラ・インガルスオリバー・ハーディーアーネスト・ヘミングウェイジェーン・マンスフィールドビル・ゲイツアリシア・シルヴァーストーンジャスティン・ティンバーレイクブリトニー・スピアーズ
総人口

25,927,345人(2010 ACS)[1]
人口比9.0%(2009年)

居住地域
アメリカ合衆国北東部南部[2]西部
特にユタ州バーモント州 [3]メイン州
カリフォルニア州 カリフォルニア州 4,946,554人[2]
テキサス州 テキサス州 3,083,323人[2]
オハイオ州 オハイオ州 2,371,236人[2]
ニューヨーク州 ニューヨーク州 2,320,503人[2]
フロリダ州 フロリダ州 2,232,514人[2]
ミシガン州 ミシガン州 2,036,021人[2]
イリノイ州 イリノイ州 1,808,333人[2]
ノースカロライナ州 ノースカロライナ州 1,778,008人[2]
ジョージア州 ジョージア州 1,584,303人[2]
テネシー州 テネシー州 1,435,147人[2]
ペンシルベニア州 ペンシルベニア州 1,058,737人[4]
宗教
キリスト教米国聖公会メソジストバプティストモルモン教プロテスタントカトリック)、無宗教 ユダヤ教 仏教その他少数派
関連する民族

アメリカ人アメリカ合衆国の民族性イングランド人イングランド系カナダ人ブリトンイギリス系アメリカ人スコットランド系スコッチアイリッシュ系ウェールズ系コーンウォール系)、アイルランド系アメリカ人

イングランド系アメリカ人(イギリスけいアメリカじん、英語: English Americans)は、イングランド人を祖先に持つアメリカ合衆国の国民。イングランド民族の祖先がいれば純血、混血は問われない。イギリス系アメリカ人の一部であり、しばしばアングロアメリカンズとして扱われることもある。植民地時代から19世紀までビジネスチャンスを求め新大陸に渡った人々が多い。そのため、初期の合衆国の政治的・経済的な中心人物はイングランド系が大半を占める(例:ジョージ・ワシントンベンジャミン・フランクリンアレクサンダー・ハミルトンジョン・アダムストーマス・ジェファーソンなど)

American Community Surveyの調査によれば2008年時点で合衆国全人口の約9.0%(約2700万人)がイングランドに起源を持っており[5]ドイツ系、アイルランド系に次ぎ3番目に大きなヨーロッパ系アメリカ人である。しかし統計学者によればイングランド系アメリカ人の多くは自らを「純粋なアメリカ人」として認識する傾向が強い(かつてアメリカはイギリス植民地でありアメリカを創生したのは我々であるという歴史的背景のため)として統計結果が不正確であるという見解も存在する[6][7][8][9]

1980年国勢調査によれば約4900万人(49598035人)のアメリカ人がイングランド系であると申告し人口の26.34%を占めた。これは合衆国で最大数の民族であり本国イングランドの(当時の)人口を上回っていた[10][11]

1775年国勢調査[編集]

合衆国国勢調査のデータベースによれば1775年アメリカ独立戦争勃発の年)時点での人口比は

イングランド(赤色)
民族 比率
イングランド 48.7%
アフリカ 20.0%
スコッチアイリッシュ 7.8%
ドイツ 6.9%
スコットランド 6.6%
オランダ 2.7%
フランス 1.4%
スウェーデン 0.6%
その他 5.3%

1790年[編集]

1790年には合衆国創世期の国勢調査を基に苗字などを使いより正確な統計が取られ、結果80.7%のヨーロッパ系のうち47.5%がイングランド系だった[12]下記表を参照

2000年国勢調査[編集]

1790年合衆国の系統
国勢調査に基づく
2000年合衆国の系統
国勢調査に基づく
民族 人口
(1790年予測値)
人口比
民族 人口
(2000年値)
人口比
イギリス系 (全体) 2,500,000 62.5 イギリス系(全体)
36,564,465 12.9
イングランド 1,900,000 47.5 ドイツ 42,885,162 15.2
アフリカ 750,000 19.0 アフリカ 36,419,434 12.9
スコッチアイリッシュ 320,000 8.0 アイルランド 30,594,130 10.9
ドイツ 280,000 7.0 イングランド 24,515,138 8.7
アイルランド 200,000 5.0 メキシコ 20,640,711 7.3
スコットランド 160,000 4.0 イタリア 15,723,555 5.6
ウェールズ 120,000 3.0 フランス 10,846,018 3.9
オランダ 100,000 2.5 ヒスパニック 10,017,244 3.6
フランス 80,000 2.0 ポーランド 8,977,444 3.2
ネイティブアメリカン 50,000 1.0 スコットランド 4,890,581 1.7
スペイン 20,000 0.5 オランダ 4,542,494 1.6
スウェーデンとその他 20,000 0.5 ノルウェー 4,477,725 1.6
全体 3,929,326 100 スコッチアイリッシュ 4,319,232 1.5

2000年に行われた国勢調査では約2450万人のアメリカ人がイングランド系と申告し人口比率は8.7%だった。しかし1980年の国勢調査では5000万人の国民がイングランド系の血統を持つ(混血を含む)と申告しており、2000年の調査では約3000万人程度が含まれていないことになる。1980年では23,748,772人のアメリカ人が純血(または主要血統)のイングランド系と申告、その他の25,849,263人が混血だった[13]。また2000年には約8000万人が「その他の起源」を、約2000万人が「アメリカ系」を選択・申告したため、イングランド系アメリカ人の実際の人口は約6000万から8000万人といわれている。

60年時点では約1100万人、人口比で35%がイングランド系の純血、もしくは主要な血統であったが合衆国の人口が当時に比べ約10倍に膨れ上がったことからイングランド系の人口比は減少した。またイングランド系は合衆国における歴史が古いことから移民してから数世代を経て自らを「アメリカ系」ととらえる者も多く、また血統やヘリテージを気にかけない場合も多い。

アメリカのイングランド人[編集]

合衆国には約67万8000人のイギリス生まれの滞在者がおり、その大半はイングランド系である。国際化の進んだ本国イングランドでは市民権の有無に関わらず少数派民族は純粋なイングランド系とは定義していない[14]。アメリカにおける定義では約54万人のイングランド人が現在アメリカにおり、4万人のアジア系イングランド人、2万人の黒人イングランド人、その他1万人の様々なバックグラウンドを持つものが含まれている[15]

分布[編集]

2000年国勢調査に基づき作成された地図

イングランド系アメリカ人の人口密度
イングランド系アメリカ人の人口
イングランド系アメリカ人の比率
人口上位10州 比率上位10州
人口 比率 地域
カリフォルニア州 2,521,355人 7.4% 南西
フロリダ州 1,468,576人 9.6% 南東
テキサス州 1,462,984人 7.0% 中南
ニューヨーク州 1,140,036人 6% 北東
オハイオ州 1,046,671人 9.2% 中北東
ペンシルベニア州 966,253人 7.9% 北東
ミシガン州 988,625人 9.9% 中北東
イリノイ州 831,820人 6.7% 中北東
ヴァージニア州 788,849人 11.1% 北東
ノースカロライナ州 767,749人 9.5% 北東
比率 地域 最多比民族
ユタ州 29.0% 北西 イングランド系
メーン州 21.5% 北東 イングランド系
ヴァーモント州 18.4% 北東 フランス系
アイダホ州 18.1% 中北西 ドイツ系
ニューハンプシャー州 18.0% 北東 フランス系
ワイオミング州 15.9% 中北西 ドイツ系
オレゴン州 13.2% 北西 ドイツ系
モンタナ州 12.7% 北西 ドイツ系
デラウェア州 12.1% 北東 アフリカ系
コロラド州 12.0% 中北西 ドイツ系
ロードアイランド州 12.0% 北東 アイルランド/イタリア系
ワシントン州 12.0% 北西 ドイツ系

歴史[編集]

開拓時代[編集]

1775年時点のイングランドの勢力(赤とピンク)

イングランド人のアメリカ大陸進出は16世紀後半のエリザベス朝にまで遡り、聖公会ヴァージニア植民地ピューリタンニューイングランド開拓が行われた。イギリス人探検家のジョン・スミスによりニューアルビオンを開拓、バミューダ諸島を含めたバージニア会社が設立され、それらは後にイギリス領ヴァージン諸島を含むBritish West Indiesとなった。特にヴァージニア植民地は南部開拓への、ニューイングランドは北東部開拓への礎を築いた。バージニア会社は株式(合同出資)の型式を取っており、特許殖民は他の開拓地より100マイル(160km)以内の新開拓は行われないことになっていた。この土地割譲により信仰の自由を新大陸に求めるカトリック系のメリーランド植民地クエーカー系のペンシルベニア植民地など新たな植民地を次々と生んだ(当時のイングランド本国は聖公会やピューリタンの牙城だった)この2つの植民地は現在ワシントンD.C.にあるアメリカ合衆国連邦政府の設立に大きな影響を及ぼした他、北東部、中西部へと開拓を拡大していった。

初期のアメリカにはオランダ人スウェーデン人もいたが、彼らは自分たちがイングランドよりも先に開拓を始めた事実を黙認するという条件の元、女王エリザベス1世により滞在を許可された(女王は当時、影響力の強いピルグリムロバート・ダドリージェーン・グレイアン・ブラッドストリートなどにより仕切られたオランダ護民官を抱えていた。一方、プロテスタントウィリアム3世は元はオランダ人で、オランダの植民地を制圧しニューイングランドとした岳父かつ叔父でカトリックのジェームズ2世と確執があった)。同様なことがカナダにおけるヌーベルフランスにも起きており、テューダー朝時のイングランド政府によりジョン・カボット率いる船がニューファンドランド島を制圧、ヘンリー7世へ捧げられた。イングランドはジョバンニ・ダ・ヴェラッツァーノの証言を元に作成されたフランソワ1世の声明を元にし、フランスの失敗を参考にする形となった。当時、イングランドは宗教改革、フランスはユグノー戦争の最中であった。宗教的・政治的理由によりイングランドは亡命者を多く出し、現在はフランスのカレーがイングランド領であったことから、ネーデルラントが主な亡命先であった。カトリック系(Douay-Rheims Bible)即位前のメアリー1世、ピューリタン系(Marian exiles)即位前のエドワード6世はそこでイングランドとのコネクションを持った。スウェーデンは三十年戦争の最中、スコットランド国教会国民盟約グスタフ2世アドルフの援護をしたことからグレートワゴンロードにあるステュアート・スコティッシュのカロライナ植民地ノバスコシアとのコネクションがあった。

ハノーヴァー朝のイギリス王は現在の北ドイツにあったハノーファー選帝侯領をも統治しており、この影響からアングロ系ヨーロッパ人の新大陸移動は、ドイツ系アメリカ人の存在も生み出すこととなった。ジョージア州、カナダのニューブランズウィック州プリンスエドワードアイランド州アルバータ州ノースウエスト準州などの地名は、イギリス王家から取られた。カナダは第2次百年戦争時にジョージアと政治的コネクションがあり、フレンチカナダの制圧に関心をよせたアメリカ人によって建国された国であるため、カボットの航海の時代の入植者たちは(例え入植先が現在のカナダであっても)自分たちを「アメリカ人」と見なしていた。

フランスは、ミシシッピ川より西側の五大湖を含む広大な領土、フランス領ルイジアナを所有していた。スペイン人は、イングランド女王メアリー1世の夫がスペイン王フェリペ2世であった関係から、スペインがメキシコの領土を併合するなど強い影響を及ぼした(この併合により、多くのメキシコ人が自動的に市民権を得たことになる)。君主制が敷かれた南イタリアからは、イングランド、アイルランド系カトリックに信仰を持った聖職者たちが移り住んだ。彼らの子孫はイタリア系アメリカ人として今日も存在しており、現在の合衆国で最も有名な一族にタリアフェロー家などがある。さまざまな国から来た開拓者や移民たちは、イングランドからアメリカの土地を「借りている」状態であった。植民地開拓を行う国家は西へと船を進めた結果、日本などアジアにたどり着いた。イングランド植民地政府はフレンチ・インディアン戦争1763年宣言を締結後、インディアナ州に初のインディアン居留地を設置した。

アメリカ合衆国誕生後のイングランド人移民[編集]

アメリカ合衆国の
イングランド生まれの人の人口[16]
人口
1990年 405,588
1980年 442,499
1970年 458,114
1960年 528,205
1950年 809,563
1940年 ---
1930年 ---
1920年 813,853
1910年 877,719
1900年 840,513
1890年 908,141
1880年 662,676
1870年 550,924
1860年 431,692
1850年 278,675

合衆国が誕生した1776年以降はおよそ350万人のイングランド人が移民をし[17]19世紀の100年間は一定数の移民が続いた。イングランド人の第一次移民の波は1820年代後半に起こり本国の社会不安から徐々に加速を見せ1842年にピークを迎えたが、その後10年間は徐々に減少していった。この頃の多くの移民は不況に喘ぐ南・西イングランドなど地方の農民たち(小作人)や1820年から40年にかけて加速した産業革命に伴う失職から逃れてきた都市部の労働者階級の人々であった。彼らは新たな国に対する希望に魅せられ、繊維業、鉄鋼業、鉄道業などに従事することとなった。一方、一部のイングランド人は生まれたての国アメリカに理想の社会、ユートピアを作ることに夢抱き移民した者たちもいた。またカリフォルニアゴールドラッシュが起こるとイングランド領土だったオーストラリアから多くのイングランド人が合衆国に移民を開始した。

1860年代後半のイングランド人移民は年間6万人にも上り、1872年には7万5千人にまで増加。1879年からは最後のピークが始まり合衆国の1893年の混乱で流れは終息へと向かった。この頃の年間平均イングランド人移民数は8万人を超え、1882年1888年に最大数を記録した。大陸横断鉄道の建設やグレートプレーンズの開拓、工業化などの合衆国の発展は多くのイングランド人職人を引き寄せることとなった。また安価な蒸気船の就航により都市部の一般労働者もアメリカへ渡ることが可能となり、当時の移民の大半は未熟な職人や鉱夫などだった。大半の者はそのままアメリカに定住することを選んだが、一部の熟練工たちは出稼ぎの感覚で数シーズンのみアメリカで働きイングランドへと戻っていく者もいた。宗教活動家もアメリカへと渡り救世軍として福音教会モルモン教会などと共に活動を行った。

1904年の移民局(ニューヨーク)

1893年の混乱はイングランド人移民を一気に減少させ20世紀に入っても低水準を保ち続けたが第二次世界大戦前後の10年間は年10万人のイングランド人が移民。これは全ヨーロッパ系移民の18%を占めた。1945年から48年に移民した者の中には多くの戦争花嫁が含まれていた。1950年代になるとイングランド人移民数は年15万人に、60年代になると年17万人にまで増えた[18]。19世紀の移民加速は本国の社会不安から来るものだったが、20世紀の移民はイングランド人にとってアメリカ社会は適応し易い環境であった(公用語が英語など)ことなどから移民の根本的理由が異なると言われている。

一般的なアメリカ史からみてイングランド人は合衆国に政治的・経済的・文化的に大きな影響を及ぼしている。初期の大統領10人のうち8人はイングランド系であるほか連邦議員も今でもイングランド系が多い(現在のオバマ大統領もイングランド系の祖先を持つ)。またイングランド人滞在者の子孫などもおり彼らはアメリカ社会に順応し切っているため全てのイングランド系把握するのは不可能に近い。1990年の国勢調査では彼らは合衆国で3番目の民族グループだが、連邦議員や最高裁判事などその社会的影響力は非常に強いと言える[19]

アメリカと英語[編集]

アメリカの英語話者の密度。薄い青色は英語以外の話者の人口が多い州。

イングランド植民地時代から引き継がれてきた英語は現在アメリカで使用されている最大の言語であり[20]、合衆国は世界で英語を母国語とする人々の約1/3を抱えている。英語は合衆国の事実上の公用語である(州によるが正確には公用語と定めているわけではない)。1990年国勢調査では94%のアメリカ人が英語のみを使用し[21]、英語を第二言語として母国語並みに使用できる人を含めると96%になる[21]。わずか0.8%の人々がまったく英語を理解しない(1890年には3.6%もいた)。アメリカ英語イギリス英語にはスペル文法語彙発音俗語など多岐の違いが見られるが彼らのコミュニケーションに支障をきたすレベルではない。ただ俗語の使用やより細かな方言により食い違いを生む場合がある。

現在、南米系移民の加速によるスペイン語の台頭に対しカリフォルニア州などでは英語を唯一の公用語として定めた。しかしこれは公文書などの使用言語が英語記載のみ、ということであり日常生活で使用される言語が英語のみと定められたわけではない。例えばカリフォルニア州運転免許試験は32の言語で用意されている。

イングランド文化の影響[編集]

多くのアメリカ文化はイングランドからの影響を受けている。

アメリカ文化のアイコンでもあるアップルパイ野球星条旗
  • アップルパイ:釜焼きはニューイングランドの人々の好物であり、それが現在のアメリカのアップルパイ七面鳥の丸焼きなどにつながった[22]
  • 野球:元々はイングランドのスポーツ「ラウンダーズ」から派生したものであり1744年に初めてBaseballと呼ばれた[23]
  • 星条旗:イングランド領などに使用されたグランドユニオン・フラッグを元に出来たのが星条旗であり1775年12月2日に誕生した。
  • ハーレーダビッドソン:共同創業者のウィリアム・S・ハーレーはイングランド人の両親の元に生まれ合衆国で本格的にオートバイ生産に乗り出した人物の一人[24]

現在アメリカで人気の野球やアメフトは19世紀に行われていたイングランドのスポーツに由来する[25][26]。また現在のアメリカ国歌のメロディーは18世紀のイングランドの歌『天国のアナクレオンへ』から取られ歌詞はイングランド系のフランシス・スコット・キーにより作詞された[27][28]

地名への影響は顕著であり「新たなイングランド」を意味するニューイングランドヨークからニューヨーク[29]ハンプシャーからニューハンプシャー[30]命名されたほかマンチェスター[31]ボストン[32]サザンプトン[33]グロセスターなどイングランドの地名が使用されている。

アメリカ合衆国議会議事堂はイングランドで教育を受けたアメリカ人ウィリアム・ソーントンが設計。他にもイエール大学プリンストン大学デラウェア大学キャンパスはイングランド発祥のゴシック・リヴァイヴァル建築ジョージア建築を元としている。

アメリカの司法制度もイングランドのそれを参考にしており[34]、例えば英国の憲章マグナ・カルタの一部をアメリカ合衆国憲法に取り入れている[35]。独立戦争まではイングランド法がアメリカでも適用されていたため、それがアメリカ人の法的思考の基礎となり独立後もそれらを参考としたものがアメリカの法律となった[36]

イングランド系の合衆国大統領[編集]

多くの合衆国大統領がイングランド系の祖先を持つ。初期の大統領は純血の者が多いが時代を経た現在では様々な民族との混血がある。

その他の著名なイングランド系アメリカ人[編集]

ファーストネームの五十音順

合衆国副大統領[編集]

州知事[編集]

政治家[編集]

軍人[編集]

実業家[編集]

ファーストレディ[編集]

学者[編集]

作家[編集]

映画監督[編集]

男優[編集]

女優[編集]

ミュージシャン・歌手[編集]

スポーツ[編集]


その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ 2010 ACS Ancestry estimates
  2. ^ a b c d e f g h i j k http://www.census.gov/population/www/censusdata/files/pc80-s1-10/tab03.pdf
  3. ^ http://en.wikipedia.org/wiki/Maps_of_American_ancestries
  4. ^ http://factfinder.census.gov/servlet/ADPTable?_bm=y&-context=adp&-qr_name=ACS_2008_3YR_G00_DP3YR2&-ds_name=ACS_2008_3YR_G00_&-tree_id=3308&-redoLog=false&-_caller=geoselect&-geo_id=04000US42&-format=&-_lang=en
  5. ^ Census 2008 ACS Ancestry estimates
  6. ^ Sharing the Dream: White Males in a Multicultural AmericaBy Dominic J. Pulera.
  7. ^ Reynolds Farley, 'The New Census Question about Ancestry: What Did It Tell Us?', Demography, Vol. 28, No. 3 (August 1991), pp. 414, 421.
  8. ^ Stanley Lieberson and Lawrence Santi, 'The Use of Nativity Data to Estimate Ethnic Characteristics and Patterns', Social Science Research, Vol. 14, No. 1 (1985), pp. 44-6.
  9. ^ Stanley Lieberson and Mary C. Waters, 'Ethnic Groups in Flux: The Changing Ethnic Responses of American Whites', Annals of the American Academy of Political and Social Science, Vol. 487, No. 79 (September 1986), pp. 82-86.
  10. ^ Data on selected ancestry groups.
  11. ^ 1980 United States Census
  12. ^ Historical U.S population by race
  13. ^ http://www.everyculture.com/North-America/European-Americans-Bibliography.html World Culture Encyclopedia]
  14. ^ Brits Abroad
  15. ^ English Ethnicity 2005
  16. ^ "Historical Census Statistics on the Foreign-born Population of the United States: 1850-1990"
  17. ^ Ethnicity in the U.S English-Americans part 2
  18. ^ [1]
  19. ^ The Laws of Olde England Stateside, Marcus Hampshire
  20. ^ Languages Spoken in the United States.
  21. ^ a b Summary Tables on Language Use and English Ability: 2000 (PHC-T-20), U.S. Census Bureau, http://www.census.gov/population/www/cen2000/phc-t20.html 2008年2月22日閲覧。 
  22. ^ Fischer, pp. 74, 114, 134–39.
  23. ^ Major League Baseball told: Your sport is British, not American
  24. ^ Littleport England and the Harley connection
  25. ^ History of Baseball.
  26. ^ American Football.
  27. ^ Star-Spangled Banner origins
  28. ^ Star Spangled Banner
  29. ^ 50 States - NY.
  30. ^ Netstate - New Hampshire.
  31. ^ Manchester History.
  32. ^ Boston History.
  33. ^ Southampton, Massachusetts.
  34. ^ Sources of United States Legal Information
  35. ^ Magna Carta
  36. ^ COMMON LAW V. CIVIL LAW SYSTEMS
  37. ^ Irvin Haas (1992). Historic Homes of the American Presidents. Courier Dover Publications. ISBN 0486267512. http://books.google.com/books?id=p8RBlp8bNpwC. 
  38. ^ a b Henry Adams born 1583 Barton St David, Somerset, England
  39. ^ a b Henry Adams
  40. ^ The Ancestry of Abraham Lincoln, James Henry Lea, Robert Hutchinson, Houghton Mifflin Company, Boston, 1909, p. 4.
  41. ^ Ancestors of Abraham Lincoln
  42. ^ ANCESTRY OF PRESIDENT CARTER
  43. ^ George W Bush, Essex boy
  44. ^ Ancestry of Barack Obama

関連項目[編集]