イワン・ユマシェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イワン・ユマシェフ

イワン・ステパノヴィチ・ユマシェフИван Степанович Юмашев, 1895年10月9日 - 1972年9月2日)は、ソ連海軍大将、ソ連海軍総司令官。ソ連邦英雄(1945年9月14日)。

経歴[編集]

鉄道員の家庭に生まれる。1912年から海軍に入り、バルト艦隊で水兵、下士官として勤務。1918年入党。

1919年2月、ソ連海軍に志願し、ヴォルガ・カスピ小艦隊でロシア内戦に従軍。1925年、艦隊指揮要員特殊課程、1932年、海軍アカデミー附属艦長戦術課程を修了。駆逐艦、巡洋艦の艦長、駆逐艦大隊長、巡洋艦旅団長を歴任。

1937年9月から黒海艦隊参謀長、1938年1月から司令官。1939年3月から太平洋艦隊司令官となり、1943年海軍大将に昇進。1945年の対日参戦に参加。

1947年1月から軍事次官兼海軍総司令官。1950年2月から海軍相、1951年8月から海軍アカデミー校長。1957年、退役。

1941年~1956年までソ連共産党中央委員会委員候補。第2期ソ連最高会議代議員。

レーニン勲章を6回、赤旗勲章を3回、赤星勲章、その他多くのメダルを授与された。

巡洋艦アドミラル・ユマシェフ

クロンシュタット級(クレスタII型)ミサイル巡洋艦「アドミラル・ユマシェフ」は、彼にちなんで命名された。

外部リンク[編集]


先代:
ニコライ・クズネツォフ
ソ連海軍総司令官
1947年 - 1950年
次代:
(役職廃止)
先代:
(軍事省より分離)
ソ連海相
1950年 - 1951年
次代:
ニコライ・クズネツォフ