イワベンケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イワベンケイ
Rhodiola rosea01.jpg
イワベンケイ
雄株、右にミヤマオダマキ
2007年8月・北岳山頂付近
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: バラ目 Rosales
: ベンケイソウ科 Crassulaceae
: イワベンケイ属 Rhodiola
: イワベンケイ R. rosea
学名
Rhodiola rosea L.[1]
和名
イワベンケイ

イワベンケイ(岩弁慶、学名:R. rosea L.[1])は、ベンケイソウ科イワベンケイ属分類される多年生草本の1[2][3]。別名が、ナガバノイワベンケイ[2]、イワキリンソウ[3]

特徴[編集]

高さは4-35 cm[2][3]。多様な形の多肉質の葉を持ち、6-8月の花期に黄緑色の花をつける。雌雄異株であり、雄株の花は黄色みが強く、雌株の花弁は小さく子房が目立ち[2]、秋に鮮やかな紅色の果実を作る。根茎は太くて長く、ハーブとして用いられることがある。乾燥するとバラのような芳香があるため「ローズルート」の名がある。

分布と生育環境[編集]

飛騨山脈蝶ヶ岳高山帯に生育するイワベンケイ、遠景は槍ヶ岳

北海道を含む亜寒帯地方のほか、北半球の高山に散らばって分布する。ヨーロッパのアルプス山脈、北アメリカ東部、日本では本州中部地方の山々である。高山のイワベンケイソウは、最終氷期に南下したものが遺存したと考えられている[4]

日本では、非火山性の山に生え、火山に生える近縁のホソバイワベンケイと混生することは稀である[5]ただし、富士山立山にはない。

岩場などの厳しい環境で生育する。ベンケイソウの一種でありCAM型光合成を行うため乾燥に強く、栄養に乏しく風当たりの強い、岩礫・砂礫地に生育することができる。

ハーブとしての薬理作用[編集]

イワベンケイロディオラ・ロゼア)は気分を向上させたり、を軽減したりする効果があるといわれている。ロシアの調査によると、それは肉体的、精神的パフォーマンスを向上させ、疲労を減らし、高山病を改善することが示されている。 イワベンケイの効果は、セロトニンドーパミンレベルを最適化し、また、β-エンドルフィンのようなオピオイドペプチドに影響を与えるためであると考えられている。[要出典]この効果は、ニコチンのような中枢神経刺激薬と比べて、健康に深刻なダメージを与えることは少ない。このような効果を示す物質は、アダプトゲンと呼ばれる。スマートドラッグとして取り扱われることもあり学習効果を増大させるとされている。

関連画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “ボソバイワウメ”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2018年12月5日閲覧。
  2. ^ a b c d 豊国 (1988)、409頁
  3. ^ a b c 清水 (2014)、164頁
  4. ^ 大場秀章「イワベンケイ」、『週刊朝日百科植物の世界』56、5の236頁。
  5. ^ 大場秀章「イワベンケイ」、『週刊朝日百科植物の世界』56、5の238頁。

参考文献[編集]

  • 大場秀章「イワベンケイ」、『週刊朝日百科植物の世界』56、朝日新聞社、1995年5月14日発行。
  • 清水建美、門田裕一、木原浩 『高山に咲く花』 山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑8〉、2014年3月22日、増補改訂新版。ISBN 978-4635070300
  • 豊国秀夫 『日本の高山植物』 山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、1988年9月。ISBN 4-635-09019-1

関連項目[編集]