イワナガヒメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石長姫(イワナガヒメ)は、日本神話に登場する女神。『古事記』では石長比売、『日本書紀』・『先代旧事本紀』では磐長姫と表記する。

神話での記述[編集]

大山祇神(おおやまつみ)の娘で、木花開耶姫(このはなさくやひめ)の姉。

コノハナノサクヤビメとともに天孫瓊々杵尊(ににぎ)の元に嫁ぐが、イワナガヒメは醜かったことから父の元に送り返された。オオヤマツミはそれを怒り、イワナガヒメを差し上げたのは天孫が岩のように永遠のものとなるように、コノハナノサクヤビメを差し上げたのは天孫が花のように繁栄するようにと誓約を立てたからであることを教え、イワナガヒメを送り返したことで天孫の寿命が短くなるだろうと告げた。

『日本書紀』には、妊娠したコノハナノサクヤビメをイワナガヒメが呪ったとも記され、それが人の短命の起源であるとしている。

また『古事記』においてオオヤマツミの娘で、スサノオの子の八島士奴美神(やしまじぬみのかみ)と結婚する、木花知流比売(このはなちるひめ)はイワナガヒメの別名であるとする説もある。

解説[編集]

イワナガは岩の永遠性を表すものである。コノハナノサクヤビメとイワナガヒメの説話はバナナ型神話の変形であり、石(岩)がイワを名前に含んだ女性に変化している。 上記の説話から不老長生の神として信仰される。

イワナガヒメだけを祀る神社は雲見浅間神社静岡県賀茂郡松崎町)や大室山(静岡県伊東市)の浅間神社、伊豆神社岐阜市)が挙げられるがその数は少なく、全国のその他の浅間神社ではコノハナノサクヤビメと共に祀られている。

また、本殿に祀る神社として、滋賀県草津市伊砂砂神社があり、主祭神として石長比賣命・寒川比古命・寒川比女命・伊邪那岐命・素盞嗚命の五神を祀っている。

雲見浅間神社と大室山浅間神社にイワナガヒメのみが祀られているのは、富士山のコノハナノサクヤビメと対峙して祀られているものである。この静岡県伊豆地方では、醜いためにニニギに遠ざけられたイワナガヒメに同情して、イワナガヒメの化身である大室山に登ってコノハナサクヤビメの化身である富士山を褒めると、怪我をするとか不漁になるなどの俗信がある。

伊都国の中心とされる福岡県糸島市三雲の細石(さざれいし)神社には、妹のコノハナノサクヤビメと共に祭神として祀られている。

貴船神社(京都市左京区)の結社(ゆいのやしろ)では、縁結びの神として祀られている。

兵庫県尼崎市には磐長姫神社があるが、これは近くにある貴布禰神社に関係するものであり、歴史は浅い。

筑波山茨城県つくば市)の月水石神社でもイワナガヒメが祀られ、イワナガヒメが歿したとされる磐座が祀られている。

宮崎県西都市の銀鏡(しろみ)神社では、イワナガヒメが鏡に映った自分の醜い容姿を嘆くあまり、遠くに投げたと伝えられる鏡がご神体として祀られている。

関連項目[編集]