イワダレソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イワダレソウ
Frog fruit (Phyla nodiflora) in Hyderabad, AP W IMG 8032.jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 lamiids
: シソ目 Lamiales
: クマツヅラ科 Verbenaceae
: イワダレソウ属 Phyla
: イワダレソウ P. nodiflora
学名
Phyla nodiflora (L.) Greene
シノニム

Lippia nodiflora (L.) Rich. ex Michx.

イワダレソウ(岩垂草、Phyla nodiflora)はクマツヅラ科イワダレソウ属の植物。地表を低く這う植物で、よく群落を作る。

特徴[編集]

は細長く、基部で枝分かれして地表を這い、節々からを下ろす。各節から対生して葉を出す。圧毛のある葉は、倒卵状楕円形で鋸歯があり、長さは1-4cmで厚い。は、7-10月に咲く。葉の付け根から花柄が伸びて少し立ち上がり、その先端に楕円形の太く短い花序が付く。花序は穂状花序だが、花の間が詰まっており、ちょうどワレモコウのような形になる。花はその表面に花びらを広げ、紫色になる。果実は2個に分かれ、広卵形で長さは約2mmになる。[2]

分布と生育環境[編集]

世界中の熱帯から亜熱帯に広く分布する。北アメリカには帰化している[2]日本では本州南岸から南、南西諸島などに分布している。海岸によく生え、乾燥にも強く、1日の日照時間が3時間程度でも成長する。

利用[編集]

近年、このイワダレソウを用いての砂漠緑化も研究されている。また、より小さいが花が目立つヒメイワダレソウ (Phyla canescens (Kunth) Greene) が園芸用に栽培されている(「リッピア」で流通)。

丈が伸びにくく、地表を這うように広がることから、空港などのグラウンドカバーに向いている。[3]

イワダレソウヒメイワダレソウを交配して作出されたクラピアという品種があり、グラウンドカバーとして利用されている。[4] 本品種は2005年に品種登録申請され、2008年に品種登録されているが、2007年に登録品種名を「Sヒトシ4世」に変更されている。流通名にはクラピアが用いられている。

ヒメイワダレソウのセシウム吸着効果[編集]

ヒメイワダレソウはヒマワリの30倍のセシウムの吸着効果がある。[5]

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gupta, A.K., Sadasivaiah, B. & Bhat, G.K. (2013). Phyla nodiflora. The IUCN Red List of Threatened Species 2013: e.T164053A19646880. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2013-1.RLTS.T164053A19646880.en. Downloaded on 27 October 2018.
  2. ^ a b 原色日本植物図鑑 草本編I (1957)
  3. ^ 高橋修ら著「空港着陸帯における植生管理の実状と維持管理コスト縮減のための植生実験」(土木学会論文集No.713/Ⅶ-24,2002.8)”. 土木学会. 2018年7月5日閲覧。
  4. ^ 農林水産省品種登録 出願番号1692にて検索”. 農林水産省. 2014年6月8日閲覧。
  5. ^ 読売新聞 セシウム吸着効果、ヒマワリの30倍で注目の草 (2014/5/5)

参考文献[編集]

  • 北村四郎村田源堀勝『原色日本植物図鑑 草本編』I、保育社、1957年、改訂60刷、193頁。ISBN 9784-586-30015-0