イレーネー・アンゲリナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イレーネー・アンゲリナ
Irene Angelina
シチリア王妃
ローマ王妃
Irene Angelina.jpg
出生 1177/81年
コンスタンティノープル
死去 1208年8月27日
ホーエンシュタウフェン城
埋葬  
ロルヒ修道院
配偶者 シチリアルッジェーロ3世
  ローマ王フィリップ
子女 ベアトリス
クニグンデ
マリア
エリーザベト
父親 東ローマ皇帝イサキオス2世アンゲロス
母親 ヘリナ
テンプレートを表示

イレーネー・アンゲリナ(Irene Angelina, 1177/1181年 - 1208年8月27日)は、東ローマ皇帝イサキオス2世アンゲロスと最初の皇后ヘリナの娘。シチリアルッジェーロ3世妃、のちシュヴァーベン公神聖ローマ皇帝フィリップ妃。

生涯[編集]

1193年、シチリアルッジェーロ3世と結婚するが、その年の12月に夫は急逝した。1194年12月、イレーネーはシチリアに侵攻したドイツ軍に捕らわれた。1197年5月、彼女はシュヴァーベン公であったフィリップアウグスブルクで結婚式を挙げた[1]。この結婚には、フィリップの兄ハインリヒ6世の、ホーエンシュタウフェン家に東ローマ帝国に対する相続権を確保するという意図があった[2]

父イサキオス2世アンゲロスは1195年に皇帝の座から追われたが、娘婿フィリップの協力で復位した。イレーネーの兄弟アレクシオスは第4回十字軍の侵攻の間、フィリップの宮廷に滞在した。イレーネーは、1204年にコンスタンティノープルへ到着した十字軍に少なからず影響を与えていたのである。

フィリップとイレーネーには、4人の子が生まれた。

1208年6月21日、夫フィリップが暗殺され、同年8月27日にイレーネーも死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 瀬原、p. 448
  2. ^ 瀬原、p. 446

参考文献[編集]

  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年