イル川 (フランス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イル川
Petite France Strasbourg.jpg
ストラスブール、プティット=フランス地区を流れるイル川
水系 ライン川
延長 223 km
平均流量 58 /s
流域面積 4760.5 km²
水源 ジュラ山脈
河口・合流先 ライン川(合流先)
流域 フランスの旗 フランス
テンプレートを表示

イル川Ill[1])は、フランスアルザスの平野部を流れる川。オー=ラン県バ=ラン県を流れる、ライン川の主要な支流の1つである。イル川という名称はアルザスの語源となっている。ドイツ語表記のエルザス(Elsass)は、『イル川の流れる土地』(Pays de l’Ill)を意味している。

地理[編集]

川の全長は223kmである[2] · [3]ジュラ山脈ヴィンケルと、リグスドルフにあるカルスト泉を水源とする。この2つが合流するのは東のフェレットにおいてである。イルフュルトにおいて、ラルグ川が合流する。イル川は北に向かって分岐し、ストラスブールを流れ、ガンブスアイムにてライン川に合流する。

流域にはアルトキルシュミュルーズコルマールセレスタ、ストラスブールがある。

ミュルーズにおいては、かつてイル川は2つの流れに分かれて間に小さな島があった。伝承によれば、島にはミュルーズ市が水車を建てていたという。中世には、都市と城外を隔てるため、城壁の堀にイル川から水を引き込んでいた。

ミュルーズに入ると、その流れはドレール川につながる放水路に向けて流れ、ミュルーズ旧市街を洪水の恐れから守っていた。エルスタンでは、イル川は放水路や、ストラスブールに入るところで流量を調節する引き込み水路につなげられた。川はいくつかの流れに分けられ、有名な観光地であるストラスブールのプティット・フランス地区の眺めをつくっている。河岸には、ビストロ、レストラン、ナイトクラブが立ち並ぶ。

アルザスのコミューン4つが、イル川にちなんだ名称を持つ。イルキルシュ=グラフェンスタデンイルフュルトイラウゼルンイルザックである。

脚注[編集]

  1. ^ En capitales, afin d'éviter toute ambiguïté : ILL
  2. ^ Fiche canal de dérivation de l'ill (A---0030)”. 2009年1月10日閲覧。
  3. ^ Fiche rivière l'ill (A10-0200)”. 2009年1月10日閲覧。