イルミネーション (ポール・ウェラーのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イルミネーション
ポール・ウェラースタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル Independiente Records
プロデュース ポール・ウェラー
サイモン・ダイン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(イギリス)
  • ポール・ウェラー アルバム 年表
    デイズ・オブ・スピード
    2001年
    イルミネーション
    (2002年)
    Fly on the Wall - B Sides and Rarities
    2003年
    テンプレートを表示

    イルミネーション』 (Illumination) は、ポール・ウェラー2002年に発表したアルバム。スタジオ・アルバムとしては6作目。

    解説[編集]

    ポールのセルフ・プロデュース体制で制作され、一部楽曲でサイモン・ダイン(ポールと親交のあるバンド、ヌーンデイ・アンダーグラウンドのメンバー)が共同プロデューサーとして参加。オーシャン・カラー・シーンのスティーヴ・クラドックとデーモン・ミンケラ、オアシスノエル・ギャラガー(本作ではドラムス、ベース等を担当)とゲム・アーチャー等の若手プレイヤーを起用し、「コール・ミー・ナンバー・ファイヴ」は、ポールとケリー・ジョーンズ(ステレオフォニックス)のデュエット。

    スタンリー・ロード』(1995年)以来となる全英チャート1位獲得を果たした。「イッツ・リトゥン・イン・ザ・スターズ」(全英7位)、「リーフィー・ミステリーズ」(全英23位)がシングル・カットされた。

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲はポール・ウェラー作。

    1. ゴーイング・プレイシズ - "Going Places" - 3:32
    2. ア・バレット・フォー・エヴリワン - "A Bullet for Everyone" - 4:08
    3. リーフィー・ミステリーズ - "Leafy Mysteries" - 3:06
    4. イッツ・リトゥン・イン・ザ・スターズ - "It's Written in the Stars" - 3:08
    5. フー・ブリングス・ジョイ - "Who Brings Joy" - 3:30
    6. ナウ・ザ・ナイト・イズ・ヒア - "Now the Night Is Here" (Simon Dine, Paul Weller) - 3:51
    7. スプリング (アット・ラスト) - "Spring (At Last)" - 2:27
    8. 1×1 - "One X One" - 5:35
    9. バッグ・マン - "Bag Man" - 3:21
    10. オール・グッド・ブックス - "All Good Books" - 3:25
    11. コール・ミー・ナンバー・ファイヴ - "Call Me No.5" (Kelly Jones, P. Weller) - 3:27
    12. スタンディング・アウト・イン・ザ・ユニヴァース - "Standing Out in the Universe" - 4:48
    13. イルミネーション - "Illumination" - 3:05
    14. ホースシュー・ドラマ - "Horseshoe Drama" (S. Dine, P. Weller) - 3:36
      日本・US盤ボーナス・トラック
    15. プッシュ・ボタン、オートマティック - "Push Button, Automatic" (P. Weller, Steve White) - 3:21
      日本・US盤ボーナス・トラック
    16. タリスマン - "Talisman" - 3:46
      US盤ボーナス・トラック

    参加ミュージシャン[編集]