イルミネーション (映画会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コムキャスト > NBCユニバーサル > ユニバーサル・ピクチャーズ > イルミネーション (映画会社)
イルミネーション
Illumination
Illumination Entertainment logo.svg
種類 事業部制
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンタモニカ
設立 2007年 (14年前) (2007)
業種 アニメーション
映画
事業内容 映画製作事業
3DCGアニメ映画
代表者 クリス・メレダンドリ最高経営責任者[1]
キース・フェルドマン(最高執行責任者[2]
従業員数 100名(2016年現在)[3]
所有者 NBCユニバーサルコムキャスト
主要株主 ユニバーサル・スタジオ (コムキャスト)
主要子会社 イルミネーション・マック・ガフ
関係する人物 エディ・イーガン
ジャネット・ヒーリー
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

イルミネーション英語: Illumination)、旧称 イルミネーション・エンターテインメント英語: Illumination Entertainment)は、2007年クリス・メレダンドリによって設立されたアメリカ合衆国アニメーション映画製作会社である。NBCユニバーサルの子会社であるユニバーサル・スタジオが所有している[4][5][6]

日本ではフジテレビ(フジテレビムービー)と国際的戦略提携という形で、イルミネーション作品の制作を電通と関わっている他、同局でイルミネーションのキャラクターのグッズ販売、関連イベント、土曜プレミアムでの映画の放送等を行っている[7]

沿革[編集]

メレダンドリは2007年初頭に20世紀アニメーションブルースカイ・スタジオの社長を退任した。これらの会社では、『アイス・エイジ』『アイス・エイジ2』『ロボッツ』『ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ』などの映画の監督や製作総指揮を務めた。退社後、イルミネーション(当時: イルミネーション・エンターテインメント)を設立し、2010年から年に1-2本の映画を製作するNBCユニバーサルのファミリー・エンターテインメント部門としてイルミネーション・エンターテインメントを位置づけた契約が発表された[8][9]。この契約には、イルミネーションがクリエイティブ・コントロールを保持し、ユニバーサルが映画を独占的に配給することが含まれている[10][11]2011年夏、イルミネーションは『怪盗グルーの月泥棒』や『ロラックスおじさんの秘密の種』を製作したフランスのアニメーション・ビジュアルエフェクトスタジオ「マック・ガフ」のアニメーション部門を買収し、「イルミネーション・マック・ガフ」を設立した[12][13][14]

メレダンドリは、「厳格なコスト管理とヒットアニメは互いに排他的なものではない」との認識のもと、イルミネーションを低コストモデルに固執させたいと考えていた。製作費が1億ドルを超えることが多い映画業界で、『怪盗グルーの月泥棒』の6900万ドルの予算と『イースターラビットのキャンディ工場』の6300万ドルの予算を考えると、イルミネーションの最初の2作品はかなり低い予算で完成している。効率的な財務モデルを維持する方法の一つに、コストを意識したアニメーション技術を採用することで、コンピュータグラフィックスの費用とレンダリング時間を削減することがある[15]

ピクサー・アニメーション・スタジオとは異なり、初期の頃のイルミネーションは、映画を作成するために監督や脚本家のコアグループに依存していた。『怪盗グルーの月泥棒』で監督を務めたピエール・コフィンクリス・ルノーは、『ロラックスおじさんの秘密の種』『怪盗グルーのミニオン危機一発』『ミニオンズ』『ペット』『怪盗グルーのミニオン大脱走』でも監督または共同監督を務めた。脚本家のシンコ・ポールとケン・ダウリオは、『怪盗グルーの月泥棒』『イースターラビットのキャンディ工場』『ロラックスおじさんの秘密の種』『怪盗グルーのミニオン危機一発』『ペット』『怪盗グルーのミニオン大脱走』を、ブライアン・リンチは『イースターラビットのキャンディ工場』『ミニオンズ』『ペット』で脚本または共同脚本を務めた。

2016年8月22日、NBCユニバーサルは競合スタジオのドリームワークス・アニメーションを買収し、メレダンドリを両スタジオの監督に任命した[16][17][18]

作品[編集]

同スタジオ初の映画『怪盗グルーの月泥棒』は2010年7月9日に米国で公開され、初週末に5,600万ドルを獲得し、国内2億5,100万ドル、全世界5億4,300万ドルの興行収入を記録するなど、商業的にも成功を収めた。スタジオの最初の続編である『怪盗グルーのミニオン危機一発』は、2013年7月3日に米国で公開され、全世界で9億7,000万ドル以上を記録し、2013年のアニメ映画としては2番目の高収益を記録し、100年の歴史の中で最も収益を上げたユニバーサル・スタジオ作品としての記録を更新した[19][20]2017年6月30日に公開された『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、10億ドルの興行収入を記録した2作目の作品となり、2週目の劇場公開で4,536館という過去最高の劇場数を記録した。

今後のプロジェクトとして、2021年7月2日に『ミニオンズ フィーバー』、同年12月22日に『SING/シング2』の公開が予定されている[21]。その後、タイトルが発表されていない3作品の公開日が2022年7月1日、同年12月21日、2023年6月30日に予定されている[22]。他にも4作目の怪盗グルーシリーズ作品や、任天堂とのコラボレーションとしてマリオシリーズを原作としたアニメ映画の製作を予定している。2018年1月、当時の任天堂の社長であるの君島達己は「計画が順調に進めば、2020年までにマリオ映画が実現する可能性がある」と発言していた[23][24][25]。同年1月31日、任天堂は決算会見の中で、クリス・メレダンドリとマリオクリエイターの宮本茂が共同製作するマリオ映画でイルミネーションと提携することを発表した[26]11月6日、イルミネーションは2022年までにマリオ映画が公開される可能性があると発表した[27]。また、イルミネーションは、頻繁にコラボレーションをしているミュージシャンのファレル・ウィリアムスと協力して、ゼロから作るオリジナルのアニメーション映画の製作を予定している[27]

作品[編集]

長編作品[編集]

# タイトル 日本語題/原題 公開日 日本公開日 製作費 興行収入 RT MC
1 怪盗グルーの月泥棒
Despicable Me
2010年07月09日 2010年10月29日 $69,000,000 $543,113,985 81% 72
2 イースターラビットのキャンディ工場
Hop
2011年04月01日 2011年08月19日 $63,000,000 $183,953,723 25% 41
3 ロラックスおじさんの秘密の種
The Lorax
2012年03月02日 2012年10月06日 $70,000,000 $348,840,316 54% 46
4 怪盗グルーのミニオン危機一発
Despicable Me 2
2013年07月03日 2013年09月21日 $76,000,000 $970,761,885 74% 62
5 ミニオンズ
Minions
2015年07月10日 2015年07月31日 $74,000,000 $1,159,398,397 56% 56
6 ペット
The Secret Life of Pets
2016年07月08日 2016年08月11日 $75,000,000 $875,457,937 73% 61
7 SING/シング
Sing
2016年12月21日 2017年03月17日 $75,000,000 $634,151,679 71% 59
8 怪盗グルーのミニオン大脱走
Despicable Me 3
2017年06月30日 2017年07月21日 $80,000,000 $1,034,799,409 58% 49
9 グリンチ
The Grinch
2018年11月09日 2018年12月14日 $75,000,000 $511,594,458 59% 51
10 ペット2
The Secret Life of Pets 2
2019年06月07日 2019年07月26日 $80,000,000 $401,165,760 59% 55

公開予定の作品[編集]

# タイトル 日本語題/原題 公開予定日 日本公開予定日
11 SING/シング2
Sing 2
2021年12月22日 公開未定
12 ミニオンズ フィーバー
Minions: The Rise of Gru
2022年07月01日
13 タイトル未定
Untitled
2022年12月21日
14 タイトル未定
Untitled
2023年06月30日

企画中の作品[編集]

『SING/シング2』の公開後、2022年7月1日、同年12月21日、2023年6月30日に3つのプロジェクトが予定されており、『マリオシリーズ』をテーマにしたアニメーション作品は2022年の公開が予定されている。また、ファレル・ウィリアムスと共同開発した作品、4作目となる『怪盗グルーシリーズ』も開発中である[29][30]

短編作品[編集]

# 日本語題 原題 公開日 収録作品 備考
1 みんなで模様替え Home Makeover 2010年12月14日 怪盗グルーの月泥棒 DVD・Blu-rayに収録
2 ミニオンのお仕事 Orientation Day
3 バナナ Banana
4 N/A Brad & Gary[31][32][33] 2011年07月01日 N/A 劇場公開
5 Phil's Dance Party 2012年03月23日 イースターラビットのキャンディ工場 DVD・Blu-rayに収録
6 Wagon Ho! 2012年08月07日 ロラックスおじさんの秘密の種
7 Forces of Nature
8 Serenade
9 ミニオンの子犬 Puppy 2013年12月10日 怪盗グルーのミニオン危機一発
10 郵便室危機一発 Panic in the Mailroom
11 アグネスの自転車 Training Wheels
12 クロミニオン Cro Minion 2015年12月08日 ミニオンズ
13 ライバル Competition
14 ピンキー・ネルソンの大冒険 Binky Nelson Unpacified
15 ミニオンズ:アルバイト大作戦 Mower Minions 2016年07月08日 ペット 劇場公開
16 NTV:ノーマン・テレビジョン Norman Television 2016年12月06日 DVD・Blu-rayに収録
17 弱虫なティミー Weenie
18 グンターの子守 Gunter Babysits 2017年03月21日 SING/シング
19 ひと目惚れの恋 Love at First Sight
20 エディのライフコーチ Eddie's Life Coach
21 カイルの秘密の生活 The Secret Life of Kyle 2017年12月05日 怪盗グルーのミニオン大脱走
22 ミニオンのミニミニ脱走 Yellow is the New Black 2018年11月09日 グリンチ 劇場公開
23 N/A The Dog Days of Winter 2018年11月23日 トロールズ みんなのハッピーホリデー!英語版
24 Santa's Little Helpers 2019年02月05日 グリンチ DVD・Blu-rayに収録
25 スーパー・ギジェットのラブラブ救出作戦 Super Gidget 2019年08月27日 ペット2
26 ミニオンのキャンプで爆笑大バトル Minion Scouts
27 N/A Minions Holiday Special 2020年11月27日 N/A テレビ放映

アトラクション[編集]

# 日本語名 原語名 オープン日
1 ミニオン・ハチャメチャ・ライド Despicable Me Minion Mayhem シンガポール 2012年7月2日
ハリウッド 2014年4月12日
日本 2017年4月21日
シンガポール 建設中
北京 建設中
2 ペット: オフ・ザ・リーシュ! The Secret Life of Pets: Off the Leash! ハリウッド 建設中

評価[編集]

アカデミー賞[編集]

作品 カテゴリー 受賞者 結果
2013年 怪盗グルーのミニオン危機一発 長編アニメ映画賞 クリス・ルノー、ピエール・コフィン、クリス・メレダンドリ ノミネート
歌曲賞 ファレル・ウィリアムス「Happy

ゴールデングローブ賞[編集]

作品 カテゴリー 受賞者 結果
2010年 怪盗グルーの月泥棒 アニメ映画賞 クリス・ルノー、ピエール・コフィン ノミネート
2013年 怪盗グルーのミニオン危機一発
2016年 SING/シング ガース・ジェニングス
主題歌賞 ライアン・テダー、スティーヴィー・ワンダー、フランシス・アンド・ザ・ライツ「Faith

アニー賞[編集]

作品 カテゴリー 受賞者 結果
2010年 怪盗グルーの月泥棒 長編作品賞 クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー、ジョン・コーエン ノミネート
長編作品声優賞 スティーヴ・カレル
長編作品キャラクター・デザイン賞 カーター・グッドリッチ
長編作品監督賞 クリス・ルノー、ピエール・コフィン
長編作品音楽賞 ファレル・ウィリアムス、ヘイター・ペレイラ
長編作品美術賞 ヤーロウ・チェイニー、エリック・ギヨン
2011年 イースターラビットのキャンディ工場 実写作品キャラクター・アニメーション賞 アンドリュー・アーネット
2012年 ロラックスおじさんの秘密の種 長編作品キャラクター・デザイン賞 エリック・ギヨン、ヤーロウ・チェイニー、コリン・スティンプソン
長編作品音楽賞 ジョン・パウエル、ケン・ダウリオ、シンコ・ポール
2013年 怪盗グルーの怪盗グルーのミニオン危機一発オン危機一発 長編作品賞 クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
テレビコマーシャル作品賞 怪盗グルーのミニオン危機一発 受賞
長編作品声優賞 スティーヴ・カレル、クリステン・ウィグ、ピエール・コフィン ノミネート
長編作品キャラクター・アニメーション賞 ジョナサン・デル・ヴァル
長編作品キャラクター・デザイン賞 エリック・ギヨン
長編作品監督賞 クリス・ルノー、ピエール・コフィン
長編作品音楽賞 ファレル・ウィリアムス、ヘイター・ペレイラ
長編作品美術賞 ヤーロウ・チェイニー、エリック・ギヨン
長編作品絵コンテ賞 エリック・ファベラ
2015年 ミニオンズ 長編作品視覚効果賞 フランク・バラダット、アントニン・セドゥー、ミロ・リカランド、ニコラ・ブラック
長編作品声優賞 ジョン・ハム、ピエール・コフィン
長編作品美術賞 エリック・ギヨン
長編作品キャラクター・デザイン賞
長編作品キャラクター・アニメーション賞 ヒケム・アルファウイ
長編作品絵コンテ賞 ハビブ・ルーアティ
2016年 ペット 長編作品キャラクター・デザイン賞 エリック・ギヨン
長編作品音楽賞 アレクサンドル・デスプラ
SING/シング ジョビー・タルボット
2017年 怪盗グルーのミニオン大脱走 長編作品賞 クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
長編作品視覚効果賞 ブルーノ・ショーファード、フランク・バラダット、ニコラ・ブラック、ミロ・リッカランド
長編作品キャラクター・デザイン賞 エリック・ギヨン
2018年 グリンチ 長編作品音楽賞 ダニー・エルフマン、タイラー・ザ・クリエイター
長編作品絵コンテ賞 ハビブ・ルーアティ
長編作品編集賞 クリス・カルタヘナ
2019年 ペット2 長編作品声優賞 ジェニー・スレイト
長編作品編集賞 ティファニー・L・カーツ

英国アカデミー賞[編集]

作品 カテゴリー 受賞者 結果
2010年 怪盗グルーの月泥棒 アニメ映画賞 クリス・ルノー、ピエール・コフィン ノミネート
2013年 怪盗グルーのミニオン危機一発
2015年 ミニオンズ ピエール・コフィン、カイル・バルダ

放送映画批評家協会賞[編集]

作品 カテゴリー 受賞者 結果
2010年 怪盗グルーの月泥棒 アニメ映画賞 クリス・ルノー、ピエール・コフィン ノミネート
2013年 怪盗グルーのミニオン危機一発
楽曲賞 ファレル・ウィリアムス「Happy」
2017年 怪盗グルーのミニオン大脱走 アニメ映画賞 ピエール・コフィン、カイル・バルダ
2018年 グリンチ スコット・モシャー、ヤーロウ・チェイニー

全米製作者組合賞[編集]

作品 カテゴリー 受賞者 結果
2010年 怪盗グルーの月泥棒 長編作品プロデューサー賞 クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー、ジョン・コーエン ノミネート
2013年 怪盗グルーのミニオン危機一発 クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
2015年 ミニオンズ
2016年 ペット
2017年 怪盗グルーのミニオン大脱走
2018年 グリンチ

視覚効果協会[編集]

作品 カテゴリー 受賞者 結果
2013年 怪盗グルーのミニオン危機一発 長編作品視覚効果賞 クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー、クリス・ルノー、ピエール・コフィン ノミネート
2017年 怪盗グルーのミニオン大脱走 ピエール・コフィン、ピエール・コフィン、カイル・バルダ、エリック・ギヨン
長編作品キャラクター賞 エリック・ギヨン、ブルーノ・デキエ、ジュリアン・ソレ、ベンジャミン・フォーネット
長編作品環境制作賞 アクセル・デ・クーマン、ピエール・ロペス、ミロ・リッカラン、ニコラ・ブラック
フォトリアルまたはアニメーションプロジェクト賞 エリック・ギヨン、フランソワ・グザヴィエ・ルペワントル、ギョーム・ブーデビル、ピエール・ロペス
長編作品エフェクトシミュレーション賞 ブルーノ・ショーファール、フランク・バラダ、ミロ・リッカラン、ニコラ・ブロック
2018年 グリンチ 長編作品視覚効果賞 ピエール・ルドゥック、ジャネット・ヒーリー、ブルーノ・ショーファール、ミロ・リカラン
長編作品キャラクター賞 ダヴィッド・ガランテ、フランソワ・ブーダイル、オリヴィエ・ルフィン、ヤロー・チェイニー
長編作品環境制作賞 ロイック・ラストゥ、ルドヴィック・ラミエール、アンリ・ドゥレール、ニコラ・ブロック
長編作品エフェクトシミュレーション賞 エリック・カルメ、ニコラ・ブリス、ミロ・リッカランド

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Gaita, Paul (2017年12月5日). “Illumination’s Chris Meledandri Melds Together Cinematic Art and Cutting-Edge Technology” (英語). Variety. 2020年12月15日閲覧。
  2. ^ Lang, Brent (2020年3月5日). “Illumination Taps Keith Feldman as COO (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. 2020年12月15日閲覧。
  3. ^ An Inside Look at Illumination's 24/7 Operation, From L.A. to Paris | Hollywood Reporter”. www.hollywoodreporter.com. 2020年12月15日閲覧。
  4. ^ Debruge, Peter (2013年7月17日). “Illumination Chief Chris Meledandri Lines Up Originals for Universal” (英語). Variety. 2020年12月15日閲覧。
  5. ^ Illumination's Chris Meledandri Talks Success Secrets, Rumors He'll Head DreamWorks | Hollywood Reporter”. www.hollywoodreporter.com. 2020年12月15日閲覧。
  6. ^ Staff, Fast Company (2017年2月13日). “Why Illumination Entertainment Is One Of The Most Innovative Companies Of 2017” (英語). Fast Company. 2020年12月15日閲覧。
  7. ^ フジテレビ(フジテレビムービー並びにFNS27社)が制作に関わっている多くの映画作品は『FILM LLP』によって制作に関わっているが、イルミネーション作品には関わっていない。
  8. ^ Fritz, Gabriel Snyder,Ben (2007年1月18日). “Family films for Universal” (英語). Variety. 2020年12月15日閲覧。
  9. ^ フジTV 米国の新鋭アニメーション会社イルミネーションと戦略的提携”. 2014年3月15日閲覧。
  10. ^ Fleming, Michael (2008年3月6日). “Meledandri, Universal team on deals” (英語). Variety. 2020年12月15日閲覧。
  11. ^ 「PLUTO」ハリウッド実写CG映画化決定 イルミネーション/ユニバーサル.”. 2014年3月15日閲覧。
  12. ^ Jr, Mike Fleming (2011年11月14日). “Universal Pictures Buys Paris Animation Unit For Chris Meledandri's Illumination” (英語). Deadline. 2020年12月15日閲覧。
  13. ^ ILLUMINATION MAC GUFF (PARIS 15) Chiffre d'affaires, résultat, bilans sur SOCIETE.COM - 533478434”. www.societe.com. 2020年12月15日閲覧。
  14. ^ Keslassy, Elsa (2011年12月12日). “Universal benefit in Mac Guff accord” (英語). Variety. 2020年12月15日閲覧。
  15. ^ Barnes, Brooks (2011年4月4日). “For Illumination Entertainment, Animation Meets Economic Reality (Published 2011)” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2011/04/04/business/media/04illumination.html 2020年12月15日閲覧。 
  16. ^ Facebook (2016年4月28日). “Comcast's NBCUniversal buys DreamWorks Animation in $3.8-billion deal” (英語). Los Angeles Times. 2020年12月15日閲覧。
  17. ^ NBCUniversal Unveils New DreamWorks Annimation Senior Management | Hollywood Reporter”. www.hollywoodreporter.com. 2020年12月15日閲覧。
  18. ^ McNary, Dave (2016年8月22日). “Comcast Completes $3.8 Billion Purchase of DreamWorks Animation” (英語). Variety. 2020年12月15日閲覧。
  19. ^ Despicable Me 2”. Box Office Mojo. 2020年12月15日閲覧。
  20. ^ NBCUniversal CEO: 'Despicable Me 2' Will Be Most Profitable Film in Universal's History | Hollywood Reporter”. www.hollywoodreporter.com. 2020年12月15日閲覧。
  21. ^ Tartaglione, Nancy (2020年4月1日). “‘Minions: The Rise Of Gru’, ‘Sing 2’ Set New 2021 Release Dates; ‘Wicked’ Still Brewing Slot” (英語). Deadline. 2020年12月15日閲覧。
  22. ^ Yee, Lawrence (2017年2月2日). “Illumination, Universal Add Four More Animated Films to Slate” (英語). Variety. 2020年12月15日閲覧。
  23. ^ Pallotta, Frank (2017年11月14日). “'Super Mario Bros.' animated movie in the works at Illumination Entertainment”. CNNMoney. 2020年12月15日閲覧。
  24. ^ Super Mario Movie in the Works by Illumination Entertainment” (英語). Collider (2017年11月14日). 2020年12月15日閲覧。
  25. ^ Mario Movie Confirmed By Nintendo” (英語). /Film (2018年1月31日). 2020年12月15日閲覧。
  26. ^ https://twitter.com/nintendoamerica/status/958878633652731904” (日本語). Twitter. 2020年12月15日閲覧。
  27. ^ a b Lang, Brent (2018年11月6日). “Inside Illumination’s Plans for Animated ‘Super Mario Bros.’ Movie” (英語). Variety. 2020年12月15日閲覧。
  28. ^ “浦沢直樹「PLUTO」ハリウッド実写CG映画化決定 イルミネーション/ユニバーサル”. アニメ!アニメ!. (2010年10月21日). https://animeanime.jp/article/2010/10/21/7088.html 2012年4月24日閲覧。 
  29. ^ “In Dismal Summer, ‘Despicable Me 3’ Producer Delivers $1 Billion” (英語). Bloomberg.com. (2017年9月12日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-09-12/in-dismal-summer-despicable-me-3-producer-delivers-1-billion 2021年2月13日閲覧。 
  30. ^ Lang, Brent (2018年11月6日). “Inside Illumination’s Plans for Animated ‘Super Mario Bros.’ Movie” (英語). Variety. 2021年2月13日閲覧。
  31. ^ Brad & Gary | SIFF Cinema Year Round | Pierre Coffin | France < Films”. archive.is (2013年2月22日). 2020年12月15日閲覧。
  32. ^ Brad & Gary (2011) - IMDb, http://www.imdb.com/title/tt2244747/ 2020年12月15日閲覧。 
  33. ^ Facebook (2013年2月2日). “40th Annie Award nominees and winners list” (英語). Los Angeles Times. 2020年12月15日閲覧。

外部リンク[編集]