イリーナ・メジューエワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イリーナ・メジューエワ
生誕 1975年????
出身地 ロシアの旗 ロシア東京都
学歴 グネーシン音楽学校
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
公式サイト 若林工房

イリーナ・メジューエワ(Irina Mejoueva、ロシア語: Ирина Межуева1975年 - )[1]ロシア(出生時はソビエト連邦)生まれのピアニスト。現在、京都市立芸術大学音楽学部専任講師。

経歴[編集]

ゴーリキー(現在のニジニ・ノヴゴロド)の出身。5歳からピアノを始め、グネーシン音楽学校ヴラディミール・トロップに師事。1992年ロッテルダムで開催されたエドゥアルト・フリプセ国際ピアノ・コンクールで優勝。

以後、ヨーロッパ諸国で演奏活動を行うも、1997年日本コロムビアの当時の自身の録音担当プロデューサーと結婚してから日本の京都を本拠とし、アジア各国で演奏活動を繰り広げている。日本コロムビアなどから録音多数。バロックから20世紀音楽までの広いレパートリーを持つが、ロシアの作曲家、ニコライ・メトネルをレパートリーの中心としてよく取り上げている。

受賞[編集]

  • 1992年 エドゥアルト・フリプセ国際ピアノ・コンクール
  • 2006年度青山音楽賞受賞
  • 2015年 第27回ミュージック・ペンクラブ音楽賞(クラシック部門、独奏独唱部門賞)

メディア出演[編集]

著書[編集]

  • イリーナ・メジューエワ著『ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ』講談社現代新書、2017年。

脚注[編集]

  1. ^ 若林工房