イラン航空291便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イラン航空291便[1]
Boeing 727-86, Iran Air AN2176292.jpg
事故機と同型のイラン航空のボーイング727-100
事故の概要
日付 1980年1月21日
概要 ILSと地上レーダーの不備
現場 イランの旗 イランアルボルズ山脈
乗客数 120人
乗員数 8人
死者数 128人
生存者数 0人
機種 ボーイング727-86
運用者 イラン航空
機体記号 EP-IRD
出発地 イランの旗 イランマシュハド国際空港 (MHD/OIMM)
目的地 イランの旗 イランテヘラン・メヘラーバード空港 (THR/OIII)

イラン航空291便墜落事故(イランこうくう291びんついらくじこ)とは1980年1月21日イランで発生した航空事故である。

事故の経過[編集]

事故当日、イラン航空ボーイング727-86 (機体記号: EP-IRD)は国内便としてマシュハド国際空港テヘラン・メヘラーバード空港行き291便として飛行していた。291便は霧が立ち込め雪が降る中でテヘラン・メヘラーバード空港の29番滑走路へ着陸進入中、19時11分(現地時間)にテヘランの北29km(18マイル)のアルボルズ山脈に墜落した[2]。この事故で乗組員8人と乗客120人の全員が死亡し、機体は大破した[3]。当時、この事故はイラン史上最悪の航空事故であった。

調査官は考えられる事故原因は 計器着陸装置と地上レーダーの不備であるという結論を出した[2]。291便の墜落事故を受けて、イラン民間航空局 (Iran's Civil Aviation Authority) の長官と5人の職員が故殺罪に問われた[4]

脚注[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク
  1. ^ Iran Air Boeing crashes
  2. ^ a b 事故詳細 - Aviation Safety Network
  3. ^ 128 feared dead in Iran Air Crash
  4. ^ Gero, David (1996). Aviation Disasters Second Edition. Patrick Stephens Limited. p. 161. 

座標: 北緯35度44分 東経51度25分 / 北緯35.733度 東経51.417度 / 35.733; 51.417