イラン北西部地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イラン北西部地震
イラン北西部地震の位置(イラン内)
イラン北西部地震
本震
発生日 2012年8月11日
発生時刻 16時53分17秒 , 17時4分35秒(現地時間)
震源の深さ 9.9 km
規模    マグニチュード(M)6.4 , 6.3
被害
死傷者数 死者306人、負傷者3037人
被害地域 イランの旗 イラン
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

イラン北西部地震(イランほくせいぶじしん、ペルシア語: زمین‌لرزه‌های آذربایجان شرقی (۱۳۹۱)‎)は、現地時間2012年8月11日16時53分、イラン第4の都市タブリーズ近郊で発生したマグニチュード6.4の地震である。

震央東アーザルバーイジャーン州の州都タブリーズの東北東60kmの地点、震源の深さは9.9kmであった。約11分後には、10kmほど離れた場所でマグニチュード6.3の地震が発生した。余震は10回以上観測された。

死者300人以上、負傷者3000人以上に達し、110の村落が被害を受け、多数の史跡が損壊した[1][2][3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ イラン地震の救出活動終了 死者300人の可能性も CNNニュース日本語版 2012.08.13-2013年4月16日閲覧
  2. ^ イラン北西部でM6強の地震、180人死亡 CNNニュース日本語版 2012.08.12-2013年4月16日閲覧
  3. ^ 306 killed, 3,037 injured in Iran quakes: Health Mininster Press TV Mon Aug 13, 2012-2013年4月16日閲覧

関連項目[編集]