イラン・アラウージョ・ダッリーニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はアラウージョ第二姓(父方の)はダッリーニャです。
イラン Football pictogram.svg
Ilan0410.JPG
名前
本名 イラン・アラウージョ・ダッリーニャ
Ilan Araújo Dall'Igna
愛称 イラン
ラテン文字 ILAN
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1980-09-18) 1980年9月18日(36歳)
出身地 パラナ州の旗 パラナ州クリチバ
身長 181cm
体重 76kg
選手情報
ポジション FW / MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999 ブラジルの旗 パラナ 12 (2)
2000-2001 ブラジルの旗 サンパウロ 12 (1)
2001-2004 ブラジルの旗 パラナエンセ 64 (22)
2004-2006 フランスの旗 ソショー 54 (24)
2006-2010 フランスの旗 サンテティエンヌ 107 (26)
2010 イングランドの旗 ウェストハム 11 (4)
2010-2011 ブラジルの旗 インテルナシオナル 4 (0)
2011-2012 フランスの旗 アジャクシオ 26 (6)
2012-2014 フランスの旗 バスティア 24 (3)
2014-2015 フランスの旗 グルノーブル 0 (0)
代表歴
2003 ブラジルの旗 ブラジル 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

イラン (Ilan) こと、イラン・アラウージョ・ダッリーニャ(Ilan Araújo Dall'Igna, 1980年9月18日 - )は、ブラジルパラナ州クリチバ出身で元同国代表の元サッカー選手。ポジションはフォワード

経歴[編集]

クラブ[編集]

1999年パラナ・クルーベでキャリアをスタート。2000年サンパウロFCへと移籍するものの出場機会が限られたため、アトレチコ・パラナエンセと移籍。2002年は深刻な怪我によりシーズンを棒に振ったものの、2003年は30試合16得点を記録した。

2004年、300万ユーロでフランスFCソショーへと移籍。ソショーでの最初のシーズンとなった2004-05シーズン、リーグ得点ランキング4位タイの13得点を挙げる。翌2005-06シーズンも得点ランキング8位タイの10得点を挙げ、ソショーのエースとして活躍した。

2006年7月25日ASサンテティエンヌへ移籍。3年半の在籍でリーグ107試合に出場し、2008-09シーズンのUEFAカップでは、6試合5得点の活躍でチームをベスト16に導いた。しかしながら、リーグ戦では残留争いに巻き込まれるなどチームは弱体化。翌2009-10シーズンにはリーグでの出場機会が減少し、年明けに契約を解消。2010年2月1日イングランドウェストハム・ユナイテッドFCと半年間の契約を結んだが大きなインパクトを残せず、シーズン終了後に退団した。

その後、母国に帰りSCインテルナシオナルと契約。しかし4試合出場しただけで退団し、残りのシーズンを無所属で過ごした。

2011年7月28日ACアジャクシオと契約。主にトップ下で起用され、26試合で6ゴールの成績を残した。2012年7月12日、アジャクシオのライバルで同じコルシカ島にあるSCバスティアに移籍し、周囲を驚かせた。

ブラジル代表[編集]

2003年、代表未経験ながらコンフェデレーションズカップ2003のメンバーに選ばれ、グループリーグ初戦のカメルーン戦の66分にアドリアーノとの交代でピッチに立ち、代表デビューを果たした。続くアメリカ戦にも途中交代で出場し、グループリーグ最終戦のトルコ戦では先発出場を果たした。しかしチームはグループリーグで敗退。それ以降、代表に呼ばれなかった。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

外部リンク[編集]