イラストーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イラストーリーとは、「イラストレーション」と「ストーリー」を合体して作られた造語である。

概要[編集]

イラストーリーは元々、日本で初めて「イラストレーター」を自称した長尾みのるが提唱した造語であり、著書のタイトルである[1]絵物語絵本に近い性質を持つ。

太田克史の一人編集文芸誌『ファウスト』で、「漫画」や「小説」と並び一つのジャンルを示す言葉として使われる様になる。

参考書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長尾みのる『バサラ人間 - イラストーリー -』参照