イラクの言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イラクの言語
公用語 標準アラビア語クルド語
国語 アラビア語イラク方言
地方言語 シリア語ロル語[1]
少数言語 現代アラム語英語版アルメニア語[2]トルクメン語トルコ語[2]ペルシア語[2]ロル語
主な外国語 英語
手話 イラク手話英語版

イラクの言語(イラクのげんご)では、イラク国内で使用される言語について説明する。イラクでは多数の言語が使用されるが、最も広く話されるのはアラビア語イラク方言である。

現代の言語[編集]

主要言語はアラビア語で、クルド語が人口の15 - 20%で話されている[3]。トルコ語や現代アラム語英語版、その他の言語話者は人口の5%程度である[3]。少数言語として、マンダ語英語版シャバク語アルメニア語ロル語ペルシア語が挙げられる。エスノローグによれば、クルド語(北部クルド語中央クルド語南部クルド語の全てを含む)話者が優勢である地域は、イラク北部から北東部に掛けてであり、他の地域ではアラビア語話者が優勢である[4]

アラビア語・クルド語・ペルシア語・南アゼルバイジャン語は、表記にアラビア文字を用いる。また、現代アラム語はシリア文字、アルメニア語はアルメニア文字をそれぞれ表記に用いている。

公用語[編集]

アラビア語とシリア語が公用語であり[5]アッシリア現代アラム語地方言語として承認されている[6]。加えて、各地域・は、住民投票で過半数を獲得した言語を公用語に指定することができる[7]

歴史[編集]

記録上最も長くイラクで使われた言語は、アラム語であり、3200年以上に書かれた成文律法が見つかっている。今日、イラクに残る現代アラム語は、アラム語を祖先としている。

記録上最初に使われた言語は、シュメール語アッカド語(古代アッシリア・バビロニア語を含む)であり、紀元前3300年前に書かれたシュメール語・アッカド語の楔形文字が残されている。シュメール語は紀元前1700年までにアッカド語に置き換えられ、アッカド語も紀元前1200年から紀元後100年の間、徐々にアラム語へと置き換えられていった。


出典[編集]

  1. ^ Ethnologue; David Dalby. 1999/2000. The Linguasphere Register of the World's Languages and Speech Communities (Observatoire Linguistique), p. 346
    Hendrik Boeschoten. 1998. "The Speakers of Turkic Languages," The Turkic Languages, ed. Lars Johanson and Éva Ágnes Csató, Routledge, pp. 1–15, see p. 5
  2. ^ a b c Susan M. Hassig, Laith Muhmood Al Adely (2004). Iraq. Marshall Cavendish. p. 85. ISBN 9780761416685. https://books.google.co.jp/books?id=KgVplTmPGEQC&pg=PA85. 
  3. ^ a b Iraq, CIA World Factbook”. CIA (2012年7月31日). 2012年8月8日閲覧。
  4. ^ Iraq”. Ethnologue. SIL International. 2017年4月11日閲覧。
  5. ^ イラク憲法第4条第1項
  6. ^ イラク憲法第4条第4項
  7. ^ イラク憲法第4条第5項

外部リンク[編集]