イポリット・フランドラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イポリット・フランドラン
Hippolyte Flandrin
Flandrin, Hippolyte, BNF Gallica Reutlinger.jpg
生誕1809年3月23日
フランスの旗 フランス帝国リヨン
死没1864年3月21日
Flag of the Papal States (1808-1870).svg 教皇領ローマ

イポリット・フランドラン(Hippolyte Flandrin、1809年3月23日 - 1864年3月21日)はフランスの画家。

略歴[編集]

リヨンで生まれた。父親も工芸画家で、弟のポール・フランドラン(Paul Jean Flandrin:1811-1902)も画家になった。弟と1829年にパリに出て、ルイ・エルサンに学んだ後、ドミニク・アングルのスタジオで学んだ。サロン・ド・パリに出展を始め、1832年に有望な芸術家に与えられるローマ賞を受賞した。ローマ賞の特典によって1838年まで、5年間、ローマに留学した。

フランスに戻った後、多くの教会、宮殿の装飾画を描いた。サン=ジェルマン=デ=プレ教会に描いた『キリストのエルサレム入城』は代表作のひとつである。1853年にはサン=ヴァンサン=ド=ポール教会の壁画を描いた。

壁画の他に人物画も描いた。

1853年に芸術アカデミーの会員に選ばれた。1863年にローマに滞在中に病没した。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Maxime de Montrond: Hippolyte Flandrin. Étude biographique et historique. Lefort, Lille 1889.
  • Jean B. Poncet: Hippolyte Flandrin. Presse universelle, Paris 1864.
  • Der Orden Pour le Mérite für Wissenschaft und Künste. Die Mitglieder des Ordens, Band 1 (1842–1881), Gebr. Mann-Verlag, Berlin, 1975, S. 234.