イブラヒム・ムミノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イブラヒム・ムミノフ
生誕 (1908-11-07) 1908年11月7日
ブハラ州シャフィルカン
死没 (1974-07-22) 1974年7月22日(65歳没)
タシュケント
市民権 ウズベク・ソビエト社会主義共和国
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
研究分野 哲学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

イブラヒム・ムミノヴィチ・ムミノフウズベク語: Ibrohim Mo'minovich Mo'minovロシア語: Ибрагим Муминович Муминовラテン文字:Ibrahim Muminovich MuminovもしくはIbragim Muminovich Muminov、1908年11月7日-1974年7月22日)はウズベキスタンブハラ州シャフィルカン出身の哲学者歴史学者である。学位は博士(哲学)ウズベク・ソビエト社会主義共和国科学アカデミー学会員であり、ウズベク・ソビエト社会主義共和国科学者賞を受賞したほか、ウズベキスタン哲学研究所の創設者でもある。主に中央アジアティムールに関する研究で知られる。

概要[編集]

ムミノフは1908年にシャフィルカンで生まれた。1931年にサマルカンドにあるウズベキスタンアカデミーで学位を修得。

1931年以降はサマルカンド国立大学で講師へと着任、1933年には文学部長を務めた。1933年から1935年までは歴史学部長を務めた。1941年、ヘーゲル哲学をテーマとし、1950年に博士論文を提出、博士号を取得した。1943年にウズベク・ソビエト社会主義共和国アカデミーへ入会、1956年にウズベク・ソビエト社会主義共和国科学アカデミーへ入会、1956年から1974年まではウズベク・ソビエト社会主義共和国科学アカデミーの副会長を務めた。

また、1955年から1956年まではウズベク・ソビエト社会主義共和国科学アカデミーの歴史・考古学研究所所長を務めた。1958年にはウズベク・ソビエト社会主義共和国哲学・法学研究所創設に尽力、初代所長に就任した。1958年から1974年までは共和国社会「知」の会長を務めた。また、1957年から1974年まではウズベキスタンの社会科学」編集長を、1957年には「科学と暮らし」編集長を務めた。また、ウズベク・ソビエト百科事典第一版の編集長を務めた。この他サマルカンドの歴史(2巻)、ブハラの歴史、ホラズムの歴史などの科学出版物において編集長を務めている。

ムミノフは哲学や歴史に関し200以上の書籍・投稿記事を発表している。また、この他にも共同研究の報告書を様々な国で発表している。例としては、イタリア、ハンガリー、チェコスロバキア、ギリシア、パキスタン、アフガニスタンなどがある。ムミノフ主導で行われた研究成果は100以上、30の哲学に関する論文テーマが存在している。

1969年にサマルカンドで開催されたUNESCOティムール朝芸術に関するシンポジウムでは発起人を務めた。ウズベク・ソビエト社会主義共和国の最高会議にも議員として当選、4期を務めた。1967年にはウズベク・ソビエト社会主義共和国国家勲章も受賞している。

ムミノフは1974年7月22日にタシュケントで亡くなった。現在はタシュケントにあるチャガタイ記念墓地に埋葬されている。

2003年、ウズベキスタン大統領のイスラム・カリモフはムミノフに「Buyuk xizmatlari uchun」を追贈した。

脚注[編集]