イブラヒム・セカギャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イブラヒム・セカギャ Football pictogram.svg
Final of the 2011–12 Austrian Cup (128).jpg
ザルツブルク時代(2012年)
名前
愛称 イブラ
ラテン文字 Ibrahim Sekagya
基本情報
国籍 ウガンダの旗 ウガンダ
生年月日 (1980-12-19) 1980年12月19日(36歳)
出身地 カンパラ
身長 186cm
体重 80kg
選手情報
ポジション DF / MF (CB, DMF)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997–2001 ウガンダの旗 KCC英語版
2001–2002 アルゼンチンの旗 アトレティコ・ラファエラ英語版 38 (2)
2002–2005 アルゼンチンの旗 フェロカリル・オエステ 96 (4)
2005–2007 アルゼンチンの旗 アルセナル 62 (2)
2007–2013 オーストリアの旗 RBザルツブルク 165 (6)
2013–2014 アメリカ合衆国の旗 NYレッドブルズ 33 (2)
1997-2014 通算 394 (16)
代表歴2
1999–2011 ウガンダの旗 ウガンダ 35 (3)
監督歴
2015- アメリカ合衆国の旗 NYレッドブルズ II(アシスタント)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月7日現在。
2. 2011年6月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

イブラヒム・セカギャIbrahim Sekagya, 1980年12月19日 - )はウガンダカンパラ出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー

経歴[編集]

母国ウガンダのカンパラ・シティ・カウンシルFCでプレー中にアルゼンチンのスカウトに発掘される。2001年にアルゼンチン1部リーグのプリメーラ・ディビシオンに属するAMSDアトレティコ・デ・ラファエラへ移籍。その後はフェロカリル・オエステアルセナルFCに属し、計6年間アルゼンチンでレギュラー選手としてプレーした。アルセナルでの主力選手としての活躍が認められ、2007年の夏にオーストリア・ブンデスリーガの強豪レッドブル・ザルツブルクへ移籍。

2013年8月にMLSニューヨーク・レッドブルズへ加入。2014年末に同クラブを退団すると翌年2月に現役引退を表明し、レッドブルズのコーチの一員となることが発表された[1]

ウガンダA代表では主将としてアフリカ選手権やワールドカップの予選でチームを率いている。特に1対1やハイボールへの強さで評価が高いオーストリア・ブンデスリーガ屈指のセンターバック。攻撃時のセットプレーでの打点の高いヘディングシュートは、チームにとって大きな武器であった。

人物[編集]

ウガンダの母国語以外にもスペイン語と英語を流暢に話す。

タイトル[編集]

ザルツブルク
NYレッドブルズ

脚注[編集]

  1. ^ Ibrahim Sekagya to join New York Red Bulls technical staff”. New York Red Bulls (2015年2月16日). 2017年5月7日閲覧。

外部リンク[編集]