イネス・リグロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イネス リグロン
生誕 (1962-11-16) 1962年11月16日(54歳)
フランスの旗 フランス モンペリエ
職業 実業家、ミス・コンテスト主宰者
配偶者 ケン・バーガー(SMJ代表取締役)
子供 息子3人

イネス・リグロン(Inés Ligron、女性、1962年11月16日 - )は、フランス人の実業家である。

1998年平成10年)から、『ミス・ユニバース・ジャパン』を主宰し、2007年平成19年)に優勝した森理世をはじめ、多くの日本代表をミス・ユニバース世界大会で入賞させたことで知られる。

人物[編集]

フランスパリに生まれ、同国南部のモンペリエを出身地としている。地元の高校を卒業後には、美容学校で学んだ。

来日以前[編集]

美容学校に在学中だった18歳のときに結婚。21歳で長男を出産し、同年にビューティーサロンを開業した[要出典]。その後、24歳で離婚し、その翌年には「何か新しいことをしたい」とサロンを売却、息子を連れてスペインへ移住した[要出典]

その後、出張先の香港で現在の夫と出会い、再婚、拠点を香港へ移す。31歳の時に香港で、モデル事務所 IMGモデルのアジア・パシフィック・ディレクターとなり、同時に「IBG(インター ボーテ グループ=Inter Beaute Group)」を設立した[要出典]

「ミス・ユニバース・ジャパン」[編集]

1998年平成10年)、米不動産王でミス・ユニバース主催者のドナルド・トランプから指名され、“ミス・ユニバースを目指す日本人女性のコーチ”としてナショナル・ディレクターに就任。翌1999年平成11年)12月には、ミス・ユニバース・ジャパンの権利そのものをトランプから買い取りアイビージージャパン株式会社を設立した。

リグロンの指導でTOP5に残ったのは3人。2003年宮崎京(世界大会第5位)を皮切りに、2006年知花くらら(世界大会第2位)、続く2007年には森理世が世界大会第1位、1959年児島明子以来48年ぶりに日本発のミス・ユニバースを生み出した。2007年世界大会で「ベスト・ナショナル・ディレクター(Best National Director award for Miss Universe 2007)」を受賞。

2011年より拠点をシンガポールに移し、アジア全域で活動中。

著書[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]