イヌガヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イヌガヤ
Cephalotaxus harringtonia BotGardBln1105WithSeeds.JPG
イヌガヤ
保全状況評価[1]
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svg
分類
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Gymnospermae
: マツ綱 Coniferopsida
: マツ目 Coniferae
: イチイ科 Taxaceae [2]
: イヌガヤ属 Cephalotaxus
: イヌガヤ C. harringtonia
学名
Cephalotaxus harringtonia (Knight ex J.Forbes) K.Koch
シノニム

Cephalotaxus harringtonia var. drupacea[3][1]

和名
イヌガヤ(犬榧)
ヒノキダマ(檜玉)
ヘダマ(屁玉)
ヘビノキ(蛇の木)
変種品種

本文参照

イヌガヤ(犬榧、学名Cephalotaxus harringtonia)は、イチイ科イヌガヤ属常緑小高木針葉樹である。別名はヘビノキ(蛇の木)、ヘダマ(屁玉)、ヒノキダマ(檜玉)、ヘボガヤ(へぼ榧)など。属名の Cephalotxus は「頭状の花をつけるイチイ」の意で、種小名harringtonia は人名に由来する。和名は犬ガヤであり、カヤに似ているが核が苦くて食えないことによる[4]

特徴[編集]

[編集]

互生し、に2列配列する。主幹のは螺旋状となり、線形葉で、幅は3-4mm。長さは3-5cmで細長く、葉先は短く急に尖る。カヤに似るが、葉質は柔らかく、触れても痛くない。裏面の気孔帯である縦筋は幅が広い。表面は暗緑色、裏面は灰白色の2条の気孔腺がある。

花と果実[編集]

3-4月に開花する。雌雄異株で、雄花は前年枝の葉腋に球形に集まる。果実は前年枝の先端にでき、粉白色である。翌年の10月頃に熟れる。熟すと褐紫色になる。長さは2-2.5cm、幅は1.5-2cmである。球果は球形または倒卵形である。種子にはが含まれており、嘗て果実から油を絞り灯明に利用した。実は苦く、食用にはならない。

樹皮と樹高[編集]

樹高は6-10mで稀に15mになる。樹皮暗褐色で、縦に浅く裂けて剥がれる。

分布と生育環境[編集]

北海道を除く日本朝鮮半島中国大陸中北部に分布している。日本では、岩手県以南から鹿児島県屋久島まで分布する。ブナ帯などの多雪地帯には少なく、暖温帯上部の渓谷などに発達している夏緑広葉樹林などで生育する。耐陰性が強く、スギ林の林床でも育つ。

変種、品種[編集]

イヌガヤの変種、品種には下記のものがある[3]

C. harringtonia var. wilsoniamaタイワンイヌガヤ Cephalotaxus wilsoniama の異名である[3]

利用[編集]

[編集]

材は緻密で硬く、粘りがあって耐久性にも優れる。古代にはをこれで作った。

縄文時代の前期(6000-5000年前)頃の遺跡から矢じりや弓が多量に出土し、彼らがこれらを用いて狩猟をしていたとされる[5]。その弓には南部ではイヌガヤが、北部ではハイイヌガヤが使われた。これは太さ3-6cm、長さ50-120cmの枝をそのままに削って作られた。これらの弓は特に飾りがないが、同時代から出るニシキギ科ニシキギ属の材を用いた弓は桜の樹皮を巻いた飾り弓で、実用には本種を、儀礼用にはそれらを用いたらしい。千葉県指定文化財になっている匝瑳市で出土した縄文時代後期の丸木舟の櫂にも利用されたことが分かっている

これらは古墳時代頃まで使われたが、弥生時代頃より弓は狩猟用より戦闘用に用いられるようになり、より強くて太いものを求め、もっと太い材から削りだしたり、合わせ木で作られるようにと変化していった。

それ以外にも細工物に使われた。

油脂[編集]

胚乳から取れる油はかつて灯火用に使われた[6]。またこの油は理髪にも使われた。

食用[編集]

種子の外皮は軟らかで甘みがある。一応は食べられるが、ハイイヌガヤのほうが美味い[7]

園芸[編集]

チョウセンマキ f. fastiginata は本種の園芸品で、葉が螺旋状につく。チョウセンガヤとも呼ばれる。

医薬品[編集]

イヌガヤの葉から発見されたホモハリングトニン慢性骨髄性白血病に対する抗がん剤として使用されている[8]

画像[編集]

イヌガヤ[編集]

ハイイヌガヤ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Conifer Specialist Group 2000. Cephalotaxus harringtonii. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  2. ^ Ghimire, Balkrishna; Heo, Kweon (2014), “Cladistic analysis of Taxaceae s. l.”, Plant Systematics and Evolution 300 (2): 217-223 
  3. ^ a b c 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  4. ^ 牧野(1961)p.59
  5. ^ 鈴木b(1997),p.280
  6. ^ 鈴木(1997),p.281
  7. ^ 牧野(1961)p.59
  8. ^ FDAが慢性骨髄性白血病の治療にSynribo(オマセタキシン)を承認/FDAニュース”. 海外がん医療情報リファレンス (2012年10月31日). 2016年8月26日閲覧。

参考文献[編集]