イドリース2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イドリース2世
イドリース朝第2代君主
在位 791年 - 828年

出生 791年/793年10月15日
死去 828年
子女 ムハンマド・イブン・イドリース
ウマル
カースィム
王朝 イドリース朝
父親 イドリース1世
母親 カンザ
テンプレートを表示

イドリース2世791年/793年10月15日[1] - 828年)は、モロッコを支配したイドリース朝の第2代君主(在位:791年 - 828年)。イドリース朝の全盛期を創出した英主である。

生涯[編集]

父は初代のイドリース1世である。生母はベルベル人奴隷で[1]、妾腹の息子だと伝わっている。791年(793年説もある)に父が毒殺されたため、跡を継いだ。イドリース2世は王朝繁栄のために積極的な人材招聘を行い、スペインやイフリーキーヤ(チュニジア)から500人のアラブ兵を招聘してモロッコ北部のアラブ化を行った。また、モロッコ南部で敵対していたベルベル人のマスムーダ族を討って勢力を拡大した。808年809年とも)にフェズに新都を建設し、ここにコルドバイラワーンから移民の入植を奨励して都は大いに繁栄した[1]

828年に死去し、跡を長男ムハンマド・イブン・イドリースが継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 佐藤、p. 202

参考文献[編集]

先代:
イドリース1世
イドリース朝
791年 - 828年
次代:
ムハンマド・イブン・イドリース