イツハク・イエディッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イツハク・イエディッド
Yitzhak Yedid
生誕 (1971-09-29) 1971年9月29日(45歳)
イスラエルの旗 イスラエル、エルサレム
出身地 イスラエルの旗 イスラエル
ジャンル サード・ストリーム
職業 作曲家、ピアニスト
Yitzhak Yedid, March 2009
Yitzhak Yedid, March 2009

イツハク・イエディッドYitzhak Yedid, ヘブライ語: יצחק ידיד‎, 1971年9月29日 エルサレム - )は、イスラエル作曲家ピアニスト[1]

経歴[編集]

イエディッドはエルサレムのルービン音楽アカデミー、そしてボストンニューイングランド音楽院ではラン・ブレイク(Ran Blake)とポール・ブレイ(Paul Bley)について学んだ。

1999年、Musa labelから最初のCD『Compositions for Solo Piano』をリリース。これが認められ、スカンディナヴィアではピアニスト、マイケル・スミスのゲストに呼ばれ、スウェーデンではピアニスト、ローランド・ペンティネン(Roland Pöntinen)とジョイント・コンサートを行った。2001年には、Musa labelからセカンドCD『Inner Outcry』をリリース。

2002年ウィーンで開かれた「サード・ストリーム」フェスティヴァルのオープニングのために組曲『Tachanun』を作曲。この曲はファーブルーム室内音楽祭など、イスラエル国内でたびたび演奏された。

『Myth of the Cave』はドイツのレーベル、Between the Lines recordsの委嘱で作られたもので、2002年にリリースされた。この5楽章から成る作品は、ドイツ、オーストリアの他、カナダで開かれたバンクーバー国際ジャズ・フェスティバル、イスラエルで開かれたテルアビブ・ジャズ・フェスティバルで演奏された。

2003年には『Passions and Prayers - Sextet in homage to Jerusalem』をBetween the Lines recordsのために作曲。技術的に複雑でメランコリックなこの作品は2004年にイスラエル・フェスティバル(Israel Festival)で初演され、2005年8月にCDリリースされた。

2004年には再びウィーンの「サード・ストリーム」フェスティヴァルの受け、『Reflections upon Six Images』を作った。この作品はイマジネーションの世界にインスパイアされたイメージ、カラー、テクスチュア、カルチャーの結合と分離を表現したものである。2004年9月にウィーン・フェスティバルで、同年11月にはイスラエルの「Etnakhta concert」シリーズで演奏され、2005年8月にCDリリースされた。

2005年には『Oud Bass Piano Trio』を作り、シビウルーマニアオーストラリアカナダ、さらに5月と9月のアメリカ・ツアーで演奏された。

2002年、イエディッドはイスラエルのジャズ・サックス奏者Abatte Barihunと「Ras Deshen」というデュオ・グループを結成。同年9月にエチオピア音楽とフリー・インプロヴィゼーションをミックスしたアルバムをリリースした。

以降の作品には以下のようなものがある。

  • Since my Soul Loved(2005年) - 5楽章のピアノ五重奏曲。
  • Chagall Project(2006年) - 7曲のピアノ・ソロ小品。
  • Nine images for Violin Cello and Piano(2006年) - ピアノ三重奏曲。

脚注[編集]

  1. ^ C. Michael Bailey, A New Third Stream: Yitzhak Yedid’s Jazz-Classical Synthesis, All About Jazz

関連項目[編集]

外部リンク[編集]