イタロ・ハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イタロ・ハウス
様式的起源 イタロ・ディスコ
ハウス
文化的起源 1980年代後半イタリア
使用楽器 シンセサイザードラムマシンシーケンサーキーボードサンプラー
派生ジャンル ユーロダンスイタロ・ダンス

イタロハウス(Italo house)は、ハウスイタロ・ディスコを組み合わせた、イタリアイギリスアメリカ1980年代後半から1995年頃に人気の高かったハウス・ミュージックである。

特徴[編集]

主な音楽の特徴は、クラシックのシカゴ・ハウスのレコードよりも、一層熱狂的な曲調で、(主にエレクトリックの)ピアノのコードが使われているハッピーで陶酔的なサウンドである。最もよく知られている例としては、ブラック・ボックス (en) の"Ride On Time" (1989) が挙げられる。

更に、このジャンルは、他の作品から(通常は無関係の曲からフレーズを借用する)特徴的なフレーズを大胆に借用するという点と、しばしばイタリア歌詞を意味のわからない英語歌詞へ訳される点において、2つの特徴がある。前者の典型例としては49ersのレコードが挙げられ、後者の典型例としてはブラック・ボックスの"Everybody Everybody" (1990) のレコードが挙げられる。

意味の良くわからない英語歌詞(適切なサンプル、あるいはバラエティーの意味合いとして使われているに関わらず)は、ディスコからドラムンベースに至るまで移り変わりのある音楽の流行においても、常に不変の印象と魅力を持っており、一定のリスナーに支持されている。イタロ・ディスコ(同様に、無名のヨーロッパのシンガーを起用して、完全とは言えない英文法と英語の発音を用いていた)と呼ばれるムーブメントが、イタロ・ハウスより先に起こった。イタロ・ディスコが、初期のエレクトロニカハイエナジー (HiNRG) において定義されたのに対して、イタロ・ハウスは大部分がその熱い歌詞の不思議さ(セリフ)によって定義される。これからはネイティブの英語を話し、そして歌詞を書いたグループが次々とマーケットへ売りに出て(このジャンルのためにという純粋な称賛から)イタリアの叙情詩体を見習っていくであろう。

歴史[編集]

イタロハウスは1990年代初頭からポピュラーになった。このジャンルは元々Gianfranco Bortolottiのプロダクションによって開拓された。彼の別名義はw:en:CappellaR.A.Fw:en:East Side Beat[1]そして49ersがある。イタリアで作られたレコードは1990/91年のUKダンスチャートでヒットした。Ashaの"JJ Tribute"、DJ Hの"Think About"、Last Rhythmの"Last Rhythm"そしてJinnyの"Keep Warm"のような曲のメロディーは高揚感がありハッピーなバイブを奏でていた。w:en:K-Klassw:en:BassheadsそしてFelixのようなアーティストたちは、イタリアンピアノサウンドをベースに、今日まで演奏され続けている高揚感のあるメロディーを今も作り出しているが、DJ Sashaのようなそのサウンドのパイオニアたちは、ずっと前にピアノハウスのハッピーなバイブから離れて他のスタイルを模索している[2]

現在[いつ?]のイタリアではこのイタロ・ハウスはマイナーな存在である[要出典]が、日本ではイタロ・ハウスがユーロビートとして広く聴かれている。

主なアーティスト[編集]

  • Alex Gaudino
  • 49ers
  • ブラック・ボックス(Black Box)
  • カペラ(Cappella)
  • X-static
  • DJ Lelewel
  • DJ Pierre Feroldi
  • DJ Professor
  • El Chico
  • Gino Latino (aka Jovanotti)
  • Gino Latino II (aka Giacomo Maiolini)
  • Francesco Zappala
  • MIG-29
  • Franco Moiraghi
  • Starlight
  • Lee Marrow
  • Albertino
  • Fargetta
  • Silvia Coleman
  • Molella
  • Joe T Vannelli
  • Mauro Picotto
  • Claudio Coccoluto
  • Alex Natale
  • Prezioso
  • FPI Project
  • Sima
  • Cappella
  • Joy
  • Clio Kay

主なレコードレーベル[編集]

  • BCM Records
  • Discomagic Records
  • Groove Groove Melody
  • Italian Style Production
  • Kutmusic
  • Line Music
  • Media Records
  • Out
  • Spectra
  • Strike Record
  • Takuma Records
  • Underground
  • X-Energy Records
  • ZYX Music
  • IRMA Records

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ DJP.it, annata 1992
  2. ^ w:en:Nathan Brackett & Fireside, ed (2004). Rolling Stone Album Guide (4th Edition ed.). pp. 718. ISBN 0-7432-0169-8.