イタリアンスパゲッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イタリアンスパゲッティは、日本のスパゲッティ料理の一つ。西日本ではナポリタンと同義。

概要[編集]

定義や決まった調理法は存在せず、地域によって異なる料理を指す。名前の由来については、ナポリタンの連想としてイタリアンスパゲッティとなった説、それに加え、皿を「板」に見立てた上でスパゲッティを「板スパ」と呼び、だじゃれでイタリアンスパゲッティとなった説などがあるとされる。

関東[編集]

東京等の関東圏及び東北地方では、具材はナポリタンとほぼ同じだが、ケチャップを使わずにただ胡椒(と醤油等)で付けし、炒めしたスパゲッティの事を「イタリアン」と呼ぶ。

関西[編集]

関西では、一部の喫茶店において、ナポリタンをイタリアンと呼んでいる。 (補追)昔は一部ではなく、近畿地方(特に大阪)でイタリアンと表記・呼称していた。

中京[編集]

喫茶ユキの「イタリアンスパゲティ」
喫茶ユキ(2015年4月)

名古屋等の中京圏では、一部の喫茶店がナポリタンに似た独自の料理をイタリアンと呼んでいる。店により違いはあるが、熱したステーキ皿にナポリタンを盛り、溶き卵を流し込む場合が多い[1]。このため、「鉄板スパゲティ」や「鉄板イタリアン」[1]、「鉄板ナポリタン」[2]とも呼ばれ、店舗によって呼び名が異なる。

このスパゲティの発祥は名古屋市東区にある「喫茶ユキ」で、1961年(昭和36年)に誕生した。当時、店主がイタリア旅行でスパゲティを食した際、途中で冷めてしまうのを不満に思い考案したものである[3]

出典[編集]

  1. ^ a b B級を超える!鉄板スパの激ウマ店”. 中日新聞プラス. 2013年8月6日閲覧。
  2. ^ 鉄板ナポリタン”. 名古屋観光情報 名古屋コンシェルジュ. 2013年8月6日閲覧。
  3. ^ 名古屋メシの隠れ定番! 鉄板スパゲティ”. All About. 2013年8月6日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]