イタリアの最も美しい村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イタリアの最も美しい村: I borghi più belli d'Italia)は、イタリアの民間団体。歴史的な遺産や景観を有する小規模な自治体(コムーネ)や分離集落(フラツィオーネ)、地区(以下、総称して「村」と訳す)によって構成され、その振興を目的とする。大きな価値を持つにもかかわらず、主要な観光ルートから外れているために忘れられ、結果として劣化・過疎化・廃村化の危険性に晒されている小規模な村の保全・整備・再活性化を図る。

2001年3月、イタリア全国コムーネ協会(Associazione Nazionale Comuni Italiani, 略称: ANCI) のツーリズム協議会の働きかけによって設立された[1]。設立当初「イタリアの最も美しい村」クラブは100の村で構成されたが、2013年には217の村に拡大している。フランスの最も美しい村(1982年結成)の影響を受けて各国に作られた協会のひとつである。

加盟要件と活動[編集]

「クラブ」加盟のためには、次のような要件を満たさなければならない[1]

  • 都市としてのまとまりや建築物の調和性、集落としての居住性
  • 公共建築および民間部門の建築の歴史的・美的な景観
  • 人々に対する活動やサービスの提供

村の活動が十分でない場合には、クラブへの残留が認められないこともありうる[1]。協会は一定の方針を持った民間組織であるが、こうした要件を村に課すことによっていくつかの成功を収めている。

村における協会組織は、各種行事(フェスティバル、展示会、見本市、会議やコンサートなど)を主導し、芸術や建築遺産の価値や住民の伝統的・文化的活動(郷土料理、方言など)を高め、自治体・学校や地元の文学・音楽家などの協会の催事に人々を参加させる。

「イタリアの最も美しい村」クラブ加盟村一覧[編集]

2015年4月現在、公式サイトによる[2]。公式サイトでは、北部、中部、南部および離島部に分け、州ごとに村を紹介している。

北部[編集]

エトルーブル
ヴァッレ・ダオスタ州
オルタ・サン・ジューリオ
ピエモンテ州
モネーリア
アプリカーレ
ヴェルナッツァ
リグーリア州
トレモージネ・スル・ガルダ
ポンポネスコ
カッシネッタ・ディ・ルガニャーノ
ロンバルディア州
キウーザ
トレンティーノ=アルト・アディジェ州
アルクァ・ペトラルカ
モンタニャーナ
ヴェネト州
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州
ポルチェニーゴ
フィウマルボ
Vigoleno
サン・レーオ
エミリア=ロマーニャ州

中部[編集]

ポッピ
Porto Ercole
ピティリアーノ
トスカーナ州
ベットーナ
カスティリオーネ・デル・ラーゴ
Sant'Antonio 歴史地区
ウンブリア州
スペルロンガ
カステル・ガンドルフォ
チヴィタ・ディ・バーニョレージョ
ラツィオ州
グロッタンマーレ
マテーリカ
サン・ジネージオ
マルケ州
アンヴェルサ・デッリ・アブルッツィ
パチェントロ
ヴィッララーゴ
アブルッツォ州
セピーノ
モリーゼ州

南部および離島部[編集]

アトラーニ
カンパニア州
オトラント
プッリャ州
カステルメッツァーノ
バジリカータ州
フィウメフレッド・ブルーツィオ
Chianalea
カラブリア州
サンブーカ・ディ・シチーリア
ノヴァーラ・ディ・シチーリア
チェファル
シチリア州
カステルサルド
サルデーニャ州

脚注[編集]

  1. ^ a b c Preface by the President of the Club” (英語). I borghi più belli d'Italia. 2015年4月26日閲覧。
  2. ^ I borghi più belli d'Italia”. I borghi più belli d'Italia. 2015年4月25日閲覧。
  3. ^ 2014年4月、トレメッツォなど4コムーネが合併し発足。トレメッツォが「イタリアの最も美しい村」加盟村であった。
  4. ^ 2015年1月にサン・ロレンツォ・イン・バナーレドルシーノが合併し発足。サン・ロレンツォ・イン・バナーレが「イタリアの最も美しい村」に加盟していた。
  5. ^ 2015年1月、ヴァルヴァゾーネアルゼネが合併し発足。ヴァルヴァゾーネが「イタリアの最も美しい村」に加盟していた。
  6. ^ 2014年1月、カステルフランコ・ディ・ソプラピアーン・ディ・スコが合併して発足。
  7. ^ 2014年1月、スカルペリーアサン・ピエーロ・ア・シエーヴェが合併して発足。スカルペリーアが「イタリアの最も美しい村」に加盟していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]