イタリアの宗教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Circle frame.svg

イタリアの宗教 (2016年)[1][2]

  無神論/無宗教/その他 (24.5%)
  イスラム教 (3.1%)
  復興主義英語版 (0.8%)
  仏教 (0.4%)
  ヒンズー教 (0.3%)
  シーク教 (0.2%)
  ユダヤ教 (0.1%)
Circle frame.svg

イタリアの宗教 (2011年)[3]

  キリスト教 (76%)
  その他の宗教 (2%)
  無宗教 (15%)
  不明 (5%)

イタリアは、歴史的に4世紀からのローマ帝国におけるキリスト教布教の中心で、現在でもバチカン市国を地理的に内包しており、キリスト教なかでもカトリック教会が根付いている。

概要[編集]

2014年のイタリアの民間調査機関it:EURISPESによる世論調査では、75.2%がカトリック(33.1%は信仰を実践している、42.1%は実践していない)であると回答している。またカトリックと回答したものの内28.8%が「毎週教会に行く」と回答した[4]

カトリック以外の残り約25%の大半は無宗教または無神論者で、数%のムスリムの他、その他宗教が1%未満となっていた。調査年度および機関が異なるが、2012年度ではムスリム3.7%、その他の宗教が0.6%との集計が出ていた[5]

なお、カトリックが大多数ではあるが、教義に反して同棲離婚妊娠中絶などについては大多数が肯定的であるとの報告も出ている[6]

過去の調査結果[編集]

2011年のイプソス・モリ英語版による調査によると、イタリア人の77%はキリスト教徒で、15%は無宗教無神論または不可知論者、2%は不特定の他の宗教、1%はムスリム、5%はこの質問に答えなかった[3]

2005年のユーロバロメーター英語版調査によると、イタリア国民の74%が「神は存在すると信じる」、16%が「何らかの霊や生気が存在すると信じる」、6%が「どんな霊や生気、神も存在するとは信じない」と回答した[7]

統計[編集]

最新情報はen:Religion_in_Italy#Demographyを参照。

イタリアの宗教 (2006年)
カトリック
  
87.8%
無宗教
  
5.8%
イスラム教
  
1.9%
正教会
  
1.6%
その他
  
1.5%
プロテスタント
  
1.4%
カトリック教会の総本山バチカン市国にあるサン・ピエトロ大聖堂
ボルディゲーラのプロテスタント教会
フィレンツェのシナゴーグ

下記はイタリアの宗教別人口構成である。 (計58,751,711 - 2006年推計):

出典[編集]

関連項目[編集]