イタリアの印象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イタリアの印象』(Impressions d'Italie )は、ギュスターヴ・シャルパンティエ 1887年から1890年にかけて作曲したオーケストラのための組曲である。

概要[編集]

シャルパンティエは1887年にローマ賞第一等を受賞し、同年から3年間ローマへ留学したが、留学先で交響詩『ナポリ』を作曲、ローマ賞受賞者の義務作品としてフランス学士院芸術アカデミーへ送った。この曲は独立した交響詩として1891年に学士院で初演され、ローマ賞審査員の一人であるサン=サーンスから高い評価を得た。『ナポリ』作曲後、シャルパンティエは構想をふくらませ、同曲を終曲とする全5楽章の組曲とし『イタリアの印象』と名付けた(副題は「感傷的で絵画的な交響曲」)。初演は1891年コンセール・コロンヌにより行われた。1913年に改訂されている。

吹奏楽編曲版が日本などでは演奏される。

楽器編成[編集]

ピッコロ2、フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、コルネット2、トロンボーン3、ティンパニトライアングルハープ大太鼓シンバル弦五部

演奏時間[編集]

約25分

構成[編集]

  • 第1曲 セレナード Serenade
  • 第2曲 泉のほとりで A la Fontaine
  • 第3曲 ロバに乗って A mules
  • 第4曲 山の頂きにて Sur les cimes
  • 第5曲 ナポリ Napoli

参考文献[編集]

外部リンク[編集]