イタブーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イタブーナ
Itabuna
イタブーナの市旗 イタブーナの市章
自治体旗 自治体章
愛称 : Capital do Cacau Tabocas
位置
位置図の位置図
位置図
座標 : 南緯14度47分09秒 西経39度16分48秒 / 南緯14.78583度 西経39.28000度 / -14.78583; -39.28000
歴史
設立 1910年
行政
ブラジル
 国 バイーア州
 自治体 イタブーナ
首長 カピタン・ニルトン・アセヴェード
(民主)
地理
面積  
  自治体域 443 km2
標高 54 m
人口
人口 (2009年現在)
  自治体域 21万9266人
    人口密度   494.95人/km2
その他
等時帯 ブラジル標準時 (UTC-3)

イタブーナポルトガル語: Itabuna)は、ブラジルバイーア州に属す都市。2006年時点の人口は20万9211人と、州都サルヴァドールフェイラ・デ・サンタナヴィトリア・ダ・コンキスタイレウスに次ぐ州第五の都市となっている。総面積は443.2平方キロ。

1910年にイレウスから分離した。1978年にローマ・カトリックの教区が置かれた。

ITABUNA SKYLINE.jpg

経済[編集]

イタブーナはイレウスと共に地域の商業・工業・サービス業の中核を成している。この地位はココア栽培の黄金時代に獲得した。肥沃な土壌によって国内第二のココア産地になり、主に欧米に輸出されている。しかし Moniliophthora perniciosa というホウライタケ科菌類の大量発生によりてんぐ巣病が流行り、地元経済に深刻な影響が出たことから近年は経済活動の多角化を迫られている。

BR-101高速道路が通ることから、州の交通の要衝にもなっている。

著名な出身者[編集]